柴田和弥(@86siba)さんが作った、『とある箱』が話題になっています。

なんとこの箱、どんな物でもゴージャスに登場させることができるのです!

『どんな物でもゴージャスに登場させる箱』がハンパない

「え、どういう意味?」と首を傾げた人もいるかもしれませんね。

説明するより、目で見てもらったほうが早いでしょう。早速、ゴージャスに登場する箱『デルモンテ』をご覧ください!

変形した箱から数々のライトが出てきたかと思うと、中心をライトアップし始めました。そして、箱の中からせり上がってきたのは…。

は、『半額シール』が貼られたお刺身!?

半額なのに、なんだか謎の高級感が漂っています!なるほど、これが『ゴージャスに登場させた』ことによる効果…!

この箱があれば、どんな物でも、とてつもないオーラを放つことができそうです。

こんなにゴージャスな『半額』、見たことないです。最高に馬鹿馬鹿しくて素晴らしい!なんてセンスの塊なんだ…。

『デルモンテ』のシュールさがTwitterで大人気に!4万回以上リツイートされ、まだまだ拡散されています。

寄せられた意見も参考に、今後も構造を改善していくそうです。

制作者の柴田さんに、お話を伺いました

――『デルモンテ』制作のきっかけは。

SNSの発展により、『見た目』がより重要視される世の中で、「多少見た目が残念でも中身を見て欲しい」という人々を助けるためです。

――制作期間は?

かなり忙しかったので、1か月以下くらいです。

――特にアピールしたい『こだわりポイント』は?

中から出てくる物の見た目を、最大限によくするライトです。

――制作にあたって、一番苦労した点は。

すべてタコ糸をリールで巻いて引くという形で動かしているので、絡まりやすい点を対策しています。
それでも、3回に1回は詰まります…。

ちなみにこの『デルモンテ』は、2017年8月5日、6日に東京ビッグサイトで開催される『Maker Faire Tokyo 2017』で展示予定とのこと!

話題の『ゴージャスな登場シーン』を見たい人は、ぜひ足を運んでみてください。

[文・構成/grape編集部]