米首都ワシントンのホワイトハウスで、南庭「サウスローン」を歩いて大統領専用機「エアフォース・ワン」に向かうドナルド・トランプ大統領(2017年8月4日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】米国のドナルド・トランプ(Donald Trump)大統領は5日、北朝鮮に対する制裁強化の決議が国連安全保障理事会(UN Security Council)で採択されたことを受け、同決議案を支持した中国とロシアに謝意を表明した。

 国連安保理で米国提案の制裁決議が全会一致で採択された後、ホワイトハウス(White House)は声明を発表。トランプ大統領の言葉として「本決議が採択されたことについて中国とロシアの協力に感謝する」「引き続き、北朝鮮に脅迫的で情勢の不安定化を招く行為をやめさせるべく、外交および経済的な圧力を強化するために同盟国やパートナー国と協力していく」と記している。
【翻訳編集】AFPBB News