SF9、日本初の単独コンサートに5千人が熱狂…最新曲からJ-POPのカバーまで多彩な魅力をアピール

写真拡大 (全4枚)

韓国出身の注目の9人組ダンスボーイズグループSF9が、8月4日、東京・豊洲PITで、初の単独公演「SF9 1st Concert in Japan “Fanfare”」を開催。8月2日の大阪・Zepp Osaka Baysideと併せた2公演で、約5000人を集めた。

SF9はヨンビン、ジュホ、フィヨン、チャニの4人のラッパーと、インソン、ジェユン、ダウォン、ロウン、テヤンの5人のボーカルから成る9人組グループで、2016年10月に韓国で、2017年6月に日本でもデビューしたばかり。グループ名SF9は、“Sensational Feeling 9(世界を驚かせる9人の少年たち)”の頭文字に由来している。日本デビューに先駆けた4月7日には東京・TSUTAYA O-EASTでトークパートとライブパートで構成されたショーケース「SF9 1st SHOWCASE IN JAPAN “Fanfare”」を開催し好評を納めたが、ワンマンライブは日韓でも初の経験。ダンサーやゲストなどは入れず9人のメンバーだけで、日本デビュー曲「Fanfare -Japanese ver.-」や、8月2日にリリースされたばかりの日本2ndシングル「Easy Love -Japanese ver.-」など22曲、約2時間のライブを展開した。

オープニングの「ROAR -Japanese ver.-」は車のエンジン音を模したハードな曲。スタートからメンバーたちの気合と気迫が伝わってくる。テヤンがアクロバティックを見せるとひときわ大きな歓声が上がり、会場が熱気で包まれる。続く「Easy Love -Japanese ver.-」では、イントロでメンバーの名前をひとりずつ叫ぶファンのコールもバッチリ。ジャケットをはだける振付で「キャー」と沸かせ、冒頭からステージとフロアの一体感が高まる。

日本デビュー2ヶ月でまだまだ日本語がおぼつかないが、MCも通訳を介さずすべて日本語で。カミカミになってもすかさずムードメーカーのダウォンがそれを笑いに変えるチームワークが冴えたが、ダウォンは前日のリリースイベントで芸人・永野に伝授された「ラッセン」ネタを絶妙なタイミングで取り入れて客席を巻き込むなど、バラエティ力の高さも見せた。

日本ではこれまで2枚のシングルを、韓国ではシングル1枚、ミニアルバム2枚、デジタルシングル1作をリリース。オリジナル曲のほとんどを披露したことになるが、「Hide and Seek」を筆頭にこのライブのために振りを付け、初パフォーマンスをする曲も多かった。
また、中盤ではロウンとジェユンがGReeeeNの「キセキ」、インソンが平井堅の「瞳をとじて」、ヨンビン、ジュホ、フィヨン、ダウォンが嵐の「Love so sweet」という韓国でも人気が高いドラマ主題歌となったJ-POP曲を日本語でカヴァー。5月に日本で開催された「KCON 2017 JAPAN」で披露したINFINITE+EXO+防弾少年団のK-POPスペシャルメドレーも披露。さらに、ブルゾンちえみで注目されたAustin Mahoneの「Dirty Work」もカヴァーし、メンバーひとりひとりが個性ある「35億」を見せて笑いを集めた。

ほかにも映像を上手く使ったチャニとテヤンのよるダンスパフォーマンスや、フィヨン、ヨンビン、ジュホ、チャニのラッパーラインによる「Around Farewell」など、メンバーの個性あふれるパフォーマンスもしっかりと見せてくれたが、9人のメンバーのバランスよく、それぞれ実力があることがわかる構成となっていた。

SF9はオリジナル曲のバラエティが豊かなグループだ。日本デビュー曲「Fanfare -Japanese ver.-」のようなパフォーマンスを重視したハードな楽曲もあれば、日本2ndシングル「Easy Love -Japanese ver.-」のようなメロウな曲もある。また、前述のラップラインだけのパフォーマンス曲や、「So Beautiful」のようにボーカルラインとラップラインのそれぞれの見せ場を持った曲や、「Still My Lady」のようなポップバラードから「Jungle Game」「K.O.」のように超絶難易度のパフォーマンス曲まで、飽きることがない幅の広さを改めて示した。