暑い日々が続き、夏真っ盛りという天気ですが、夏の天候に負けないほど熱い場所があります。いわずと知れた高校野球の聖地「阪神甲子園球場」でしょう。明日8月7日から、全国高等学校野球選手権大会が開催されます。いわゆる「夏の甲子園」と呼ばれる大会です。今年で99回目を迎える歴史ある大会。地区予選から熱戦が続いてきました。7日からの本戦も高校球児たちの熱い戦いがくり広げられること間違いないでしょう。今回は、そんな高校野球がさらにおもしろくなる「意外な話」をお伝えします。

1

全国の熱い思いが集結する甲子園で、今年もどんな熱戦が繰り広げられるのでしょう


なぜ、高校野球は甲子園で開催されるのか?

高校野球といえば「甲子園」。ご存じのとおり、春夏の全国大会は阪神甲子園球場で開催されます。なんと、阪神甲子園球場は日本で最大の収容人数を誇る野球場なのです。4万7508人という収容人数は新しいドーム球場よりも多い数。高校球児にとって憧れの場所であることも納得できますね。
通称「夏の甲子園」と呼ばれる全国大会は今年で99回目を迎えます。この大会の前身であった「全国中等学校野球大会」は大阪府の豊中グラウンドという小さな球場で開催されていました。しかし、規模が小さすぎるとのことで、第3回からは阪神電鉄が所有していた鳴尾球場で開催されることに。
ですが、そんな鳴尾球場にも限界がやってきます。観客の増加や水はけの悪さなどから、阪神電鉄は新たな球場を造ることを決意。1924年に阪神甲子園球場が設立されると、同年に全国大会も開催。実は、甲子園以外の球場も加えた2会場で行われた年があったのですが、ただそのとき問題となったのが、甲子園球場で試合ができなかった球児からのクレーム(不満)でした。よって甲子園球場での固定開催が今にも続いているのです。


甲子園の土はどこから持ってくる?

甲子園に出場した高校球児たちが目指すのはもちろん高校日本一。たった1校しか頂点に立つことができない険しい道のりではありますが、ゲームセットの瞬間まで必死に戦います。残念ながら敗退したチームは甲子園を去ることになりますが、そのときほとんどの球児が甲子園の土を持ち帰ります。
毎試合、球児たちが甲子園の土を持ち帰るわけですが、この土は、一体どこから来ているのでしょうか? なんと、1年のうち甲子園から持ちだされる土の量は約2トンといわれています。持ち帰られた分だけ、土を足しコンディションを維持する必要があるのですが、甲子園の土は、黒土と砂を混ぜたもの。黒土は日本各地から選りすぐりのものを取り寄せており、岡山県日本原、三重県鈴鹿市、鹿児島県鹿屋、大分県大野郡三重町、鳥取県大山……といったところが主な土の出所となっています。
さらに、プレーしやすいように緻密に配合されている甲子園の土には、中国福建省から取り寄せた砂がブレンドされていて、春と夏では黒土と砂の割合が異なるといいます。雨が多い春には水はけをよくするため砂を多めに、夏は白球を見やすくするため黒土が多めなのだとか。最高のコンディションを保つ甲子園ならではの技といえるでしょう。

敗北を喫しても、それは輝かしい夏の思い出に!


校歌は誰が歌っているの?

みなさん、母校の校歌を思い出してみてください。様々な行事で歌ってきたと思いますが、おそらくボーカルは、入っていなかったのではないでしょうか? ですが、甲子園で勝利をあげた高校が真っすぐに整列して校歌を高らかに歌うとき、なぜかボーカルが入っているのです。
実はこのボーカル、大阪のテレビ局である朝日放送で収録されています。出場校が出揃うと、初出場校の校歌は新たにプロの男性コーラスによって声入れが行われます。過去に出場した高校でも、録り直しを行う場合もあるそうです。
――高校野球でよく見かける光景も、掘り起こしてみると意外なこともあるものです。
今年も日々熱戦が繰り広げられるだろう高校野球。いろいろな一面をのぞいてみるのもおもしろいかもしれませんね。

いざ出陣! 試合後には校歌を歌うぞ!