決勝はアメリカ勢対決を制したバンダウェイとウィンブルドン覇者を倒したキーズ [バンク・オブ・ザ・ウェスト・クラシック]

写真拡大

 アメリカ・カリフォルニア州スタンフォードで開催されている「バンク・オブ・ザ・ウェスト・クラシック」(WTAプレミア/7月31日〜8月6日/賞金総額77万6000ドル/ハードコート)のシングルス準決勝で、第6シードのココ・バンダウェイ(アメリカ)が第8シードのキャサリン・ベリス(アメリカ)を6-3 6-1のストレートで破り、決勝に進出した。試合時間は1時間5分。

 この試合のバンダウェイは、ベリスのサービスゲームのブレークに5度成功し、7本のサービス・エースを奪った。ファーストサービスのポイント取得率は83%だった。一方、敗れた18歳のベリスは、WTAプレミアの大会で初のベスト4入りを果たした。

 もう1つの準決勝では、第3シードのマディソン・キーズ(アメリカ)がウィンブルドン優勝者で第1シードのガルビネ・ムグルッサ(スペイン)を6-3 6-2のストレートで下して決勝進出を決めた。

 第1セットはお互いのサービスブレークで始まったが、最後の14ポイント中12ポイントを奪ったキーズが先取した。その後もキーズが試合の主導権を握り、この試合をわずか57分で制した。手首の手術のため、シーズン序盤の2ヵ月間を欠場していたキーズは、ウィンブルドンから9連勝中だったムグルッサを倒し、今季初の決勝進出を果たした。

 バンダウェイとキーズは、今回の決勝が初対戦となる。バンダウェイは2012年にも決勝進出を果たしたが、セレナ・ウイリアムズ(アメリカ)に敗れていた。(C)AP(テニスマガジン)

※写真は「バンク・オブ・ザ・ウェスト・クラシック 」(アメリカ・スタンフォード)の準決勝でウィンブルドン覇者のガルビネ・ムグルッサを破り、今季初の決勝進出を果たしたマディソン・キーズ
Photo:STANFORD, CA - AUGUST 05: Madison Keys of the United States waves to the crowd after beating Garbine Muguruza of Spain in their semifinal match on Day 6 of the Bank of the West Classic at Stanford University Taube Family Tennis Stadium on August 5, 2017 in Stanford, California. (Photo by Ezra Shaw/Getty Images)