年内の発売が噂されるApple Watch Series 3(仮称)は、LTE通信機能が搭載されると言われており、これまで以上にiPhoneから自立する形で、単独での操作が可能となると考えられています。さらに、デザインもこれまでとは異なったものとなるとの観測が新たに浮上しています。

KGI証券も同様の観測を以前に発表

Apple製品について独自の情報網を持つDaring Fireballのジョン・グルーバー氏によると、Apple Watch Series 3はハードウェアのデザインが全く新しいものになる(all-new form factor)になる可能性があるとのことです。
 
Apple Watch Series 3については、Bloombergが年内での発売を報じたものの、LTE通信が搭載されること以外は謎に包まれています。これまでに出た観測の多くは、駆動時間の伸びなどのマイナーアップデートを指摘するに留まっていますが、KGI証券の名物アナリストであるミンチー・クオ氏は、Series 2のリリースに先駆けて、デザイン変更はSeries 3より行われると述べており、グルーバー氏の見方を裏付けるものとなっています。
 
なお、今回の件についてグルーバー氏は「小耳に挟んだ」程度の情報だ、と控えめな立場を採っており、実際にAppleによってデザインが刷新されるかどうかについては、引き続き続報を待ちたいところです。
 
 
Source:Daring Fireball,MacRumors
(kihachi)