ダニエウ・アウベス【写真:Getty Images】

写真拡大

 パリ・サンジェルマンのDFダニエウ・アウベスが、再び古巣ユベントスに対する不満を口にした。伊メディア『スカイ・スポーツ』が伝えている。

 昨年夏にバルセロナを離れたダニエウ・アウベスは、ユベントスに加入した。すぐにイタリアに馴染んで多くの勝利に貢献したが、わずか1シーズンで退団。今夏、パリ・サンジェルマンを新天地に選んでいる。

 そのダニエウ・アウベスは古巣について、「彼らはリスクを冒さない。僕のプレースタイルは理解されず、悲しかったね。だから新しい挑戦を求めたんだ」とコメント。ただし、「ユベントスには心から感謝している」とも語り、不満はあくまで守備的なプレースタイルに対してであることを強調した。

text by 編集部