千鳥、相次ぐ不倫スクープに警戒「通行人の半分は記者」

写真拡大

 お笑いコンビの千鳥がフジテレビ系のトーク番組『ウチくる!?』に出演。最近、自分たちが週刊誌の標的となっていることから「通行人の半分は記者」と人の目が怖いことを明かした。

 ノブは去年5月、白いワンピース美女と歩いているところを撮られたが、「友達」と否定。さらに去年12月には今度は大悟が、茶髪ヒョウ柄美女との密会現場を激写され、今年4月には金髪ダンサー美女とのお泊まり報道が出た。コンビそろって「女ぐせがすごい」噂が出たため、ノブは最近、「通行人の半分は記者」と警戒を強めていることを明かした。

 大悟は結果として、半年で2回のフライデー。そこで「2回逮捕された。最近では珍しいぞ2連発」と自虐。

 だが、不倫を報じる週刊誌の発売前日、妻には「報道が全部うそでびっくりしてる。」と大嘘をついたという。すると妻から「ほぉ、大芝居うってきたのお。お前の大芝居、いっぺん聞いてみたろう」。そこで、激写されるまでの架空のストーリーを聞かせると最後には「すごいな」と笑っていたという。

 そして当時、「週刊誌2ページ、一文字も合っとらん」と妻に言い張ったという大悟。ノブから、「実際は何文字合ってたん?」と聞かれると「7000文字」と答え、周囲を笑わせていた。