ロシアの有名女性スタントライダーが猛スピードで激突死(画像は『Metro 2017年8月2日付「Russian Instagram star known for motorbike stunts killed in high-speed crash」(Picture: Will Stewart)』のスクリーンショット)

写真拡大

今や世界に名だたるバイクは時速300kmを超える時代となっている。勇敢で大胆、命知らずな人間しかなれないスタントライダーを生業としている者なら高速道路でその限界に挑戦したくなってしまうのも無理はないが、命を落としては元も子もない。このほどロシアで、大勢のファンを持つ女性のスタントライダーが壮絶な事故死を遂げた。英メディア『Metro』が伝えている。

セクシーなスタイルで颯爽とバイクにまたがるそれはクールな写真を次々とInstagramにアップし、16万人ものフォロワーを誇っていたロシアの美しいスタントライダー、“Monika”ことオルガ・プロニィーナ(Olga Pronina)さん。だが、このほどウラジオストクに近いロシア東部の高速道路を愛車BMW S1000RRで飛ばしていたなかで分離帯に激突。壮絶なクラッシュにより死亡した。

事故原因について現在調査が行われているが、彼女は「このバイクを時速249kmで飛ばす」と話すことがあり、外れた車輪が現場から約610mも離れた場所で発見されるなど、事故当時は相当のスピードを出していた可能性があるようだ。享年40歳。16歳の娘を残しての突然の他界であった。

イリヤさんと名乗るバイク仲間は、メディアの取材に「女の子があんな風にバイクに乗れるなんてオルガには強く刺激されました。彼女はバレンティーノ・ロッシのような本当にかっこいいライダーです。私にとっては決して越えることのできない目標でした。非常にスキルの高いライダーなので、不可抗力的な何かが突然彼女に降りかかったとしか考えられません。バイクに関してはとても無謀なところがあるオルガですが、とても活発で明るい人間でした」とその死を悼んだ。

オルガさんが愛したBMW S1000RRはレース参戦を視野に2009年に発売された4ストローク999ccのスーパースポーツモデル。フルパワー化で馬力は190を超えるといい、2012年からは個人向けの高性能マシンとして開発され、時速310km台を記録している。

画像は『Metro 2017年8月2日付「Russian Instagram star known for motorbike stunts killed in high-speed crash」(Picture: Will Stewart)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 Joy横手)