「失望」と嘆くドルトムント監督、バイエルンに敗れ悔しさ露わ「三度リードしたのに…」

写真拡大

DFLスーパーカップのバイエルン戦、常に先行する形で進めるもPK戦の末に敗戦

 日本代表MF香川真司の所属するドルトムントは、現地時間5日に行われたDFLスーパーカップでバイエルン・ミュンヘンに劇的な展開でPK戦に持ち込まれ、最終的に6-7(2-2、PKスコア4-5)で敗れた。

 今季からチームを率いるペーター・ボス監督は「失望している」と敗戦に肩を落とした。ドイツ地元紙「ルールナハリヒテン」が試合後の会見のコメントを報じている。

 ドルトムントは常に先行する形で試合を進め、2-1とリードして終盤戦を迎えた。しかし、勝利が目前に迫った後半43分、バイエルンのセットプレーから最後はゴール前で混戦となり、最後はDFキミッヒのシュートがDFピスチェクのオウンゴールを誘発。土壇場で試合が振り出しに戻った。

 延長戦なしのレギュレーションで、試合はそのままPK戦に突入。互いに一人ずつ失敗して迎えた六人目、バイエルンは新加入のドイツ代表DFズーレが成功させたのに対して、ドルトムントDFバルトラのシュートはGKウルライヒがセーブ。PKスコア5-4で、バイエルンが劇的な勝利を手にした。

 試合前の会見で「負けるのは嫌い」と言い切っていたボス監督は、この敗戦にも当然悔しさを露わにした。

1点目はハイプレッシャーが機能も課題指摘

「結果には満足していない。試合終了2分前までリードしていた。そのままやりきれば勝てていたのに、我々はそれができなかった。PKを含めれば三度もリードしたのに、それでも最後は勝てなかった。失望している」

 ボス監督は「1点目はハイプレッシャーが上手く機能してとても良かったが、その後はバイエルンのほうが良かった」と試合運びの課題についても指摘している。MFマルコ・ロイスやDFマルセル・シュメルツァー、香川ら負傷者続出という苦しい台所事情もあったが、バイエルンもFWロッベンやGKノイアー不在と似たような状況。得点シーン以外では飛車角落ちのバイエルンにペースを握られるなど、チームの完成度という点ではまだまだという印象を残した。

 ドルトムントは現地時間12日に6部FCリーラジンゲン=アーレンとのDFBポカール1回戦、そして19日にヴォルフスブルクとのブンデスリーガ開幕戦を控えている。残りわずかとなった準備期間でどれだけ仕上げることができるだろうか。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images