パク・ジニョン、アイドルとアーティストの違いとは?

写真拡大

パク・ジニョンがアイドルとアーティストの違いを言及した。

韓国で5日に放送されたSBS「パク・ジニョンのパーティーピープル」にはgod キム・テウが出演し、ステージを輝かせた。

パク・ジニョンはキム・テウに「アイドルとアーティストは何が違うのか」と聞いた。

これにキム・テウは「アイドルの時は、言われたことを一生懸命やればよかった。今は言い訳をしたり、人のせいにできない。次元が違う。すべてが僕の責任で、そういうことが大変だった」と告白した。

これを受けパク・ジニョンは「文字一つの違いだ。人気と認定。アイドルの時は人気があることが大事だが、アーティストになるためには、実力で認められないといけない。しかし、アイドルからアーティストになるのはとても大変なことだ」と話した。

続いてパク・ジニョンはキム・テウを見つめながら「今が一番かっこよく、頼もしい」と話し、視線を引いた。