大竹しのぶ

写真拡大

6日放送の「ワイドナショー」(フジテレビ系)で、西川貴教が、大竹しのぶにされた無茶ぶりを明かした。

番組では、7月17日に大竹が開いた還暦パーティーを取り上げた。パーティーは「大竹しのぶと60人の男たち」と題し、大竹と仲の良い西川も招待されていたという。

西川によると、大竹から「還暦のパーティーやるから来てね」と誘いを受けたのは今年の初めだったとか。その後はなしのつぶてだったそうだが、パーティーの2日前ほどに連絡があり、歌手・弘田三枝子の「人形の家」(1969年)を歌うようにリクエストされたというのだ。

同曲を知らなかった西川は、「俺のこといくつやと思ってるんやろ」と思いつつなんとか覚えたそう。ところが、当日に曲を披露すると、同曲の作詞を担当したなかにし礼氏もパーティに出席していたという。

西川は驚き「そういうのって早めに言ってもらっていいですか?」と思ったとか。西川の状況にスタジオからは驚きの声が上がり、松本人志も「やっべーな。無茶ぶりってことやな」と目を丸くしていた。

【関連記事】
古田新太が女優・大竹しのぶの還暦パーティーを強制退場「首筋つかまれて」
明石家さんまが大竹しのぶとの離婚に言及「珍しい成功例」
大竹しのぶが自身の還暦祝いに集まった超豪華な男性タレントたちを明かす