大阪ミナミで開催された写真集「記憶」の発売記念イベントに出演した藤江れいな

写真拡大

 元NMB48・藤江れいな(23)が6日、大阪ミナミの「TSUTAYA 戎橋店」で6月24日に発売した写真集「記憶 Memorial Filmes」の発売記念イベントに出演。同店の1日店長に就任した。

 NMB48時代に「よくプライベートで通った」という同店は大阪ミナミのど真ん中にありいわば“凱旋”。200人を超えるファンから「お帰り〜」との声がかかり、「17歳から23歳までの6年間を詰め込んだ写真集。重さ1キロ、144ページもあります」とPRした。

 藤江はNMB48を卒業後、「自分たち(NMB48)の曲をよく聴くようになった」と明かし、「思い入れのある曲がたくさんある。NMBのことが好きなんだなと感じた」そうだ。6月17日に行われた「第9回AKB48選抜総選挙」で電撃結婚発表した須藤凜々花(20)については「びっくりしました」。卒業生の間でも話題となっていたようだ。

 今後は「演技をやっていきたい。恋愛ものの作品に出てみたいです」と藤江は目標を掲げる。卒業して“恋愛解禁”となったが「恋愛の勉強もしないといけない。まだ、勉強できてません。これから」と彼氏募集中であることをアピールした。