大きな皿に盛られたホイップクリーム(2002年12月19日撮影、資料写真)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】(訂正)フランス南部モントーバン(Montauban)の裁判所が、ホイップクリームの容器が破裂して頭蓋骨を損傷する重傷を負った女性に109万ユーロ(約1億4000万円)を支払うよう輸入業者などに命じたことが5日分かった。

 エミリー・ラダ(Emilie Lada)さんは30歳だった2013年12月、ホイップクリーム・ディスペンサー(生クリームなどをガスで泡立て、短時間入れておく容器)が破裂する事故で頭蓋内出血と顔面裂傷の大けがをした。

 裁判所は、ホイップクリーム・ディスペンサーの輸入元F2J.comと同社と保険契約を結んでいるAXAの責任を認め、賠償金109万ユーロの支払いを命じた。裁判所は事故当時ラダさんと一緒に台所にいた夫と当時6歳と3歳だった息子2人の計3人も1万ユーロ(約130万円)ずつ受け取ることとし、これは109万ユーロの中に含めるものとした。

 ラダさんの弁護士、エメリーヌ・プティジラール(Emeline Petitgirard)氏はAFPに対し、「死者が出ていない」案件では「抑制的」になることが多いフランスの民事裁判としてはかなり高額な賠償金だと指摘し、「奪われてしまった人生」の代償だと語った。

 プティジラール弁護士によるとラダさんの手術は見事に成功し、今ではけがの痕もほとんど分からないほどだが、ラダさんは働くことはできなくなり、味覚と臭覚も失ったという。

 フランスでは今年6月にも、フィットネスモデルで著名ブロガーだったレベッカ・バルガー(Rebecca Burger)さんが、破裂したホイップクリーム・ディスペンサーが胸部に当たって死亡する事故が起きている。
【翻訳編集】AFPBB News