浦和MF関根、ドイツへの移籍が決定

写真拡大

浦和レッズは6日、「MF関根貴大がドイツ2部のインゴルシュタット04へ移籍する」と公式発表した。

関根貴大は1995年生まれの22歳。浦和レッズの下部組織で育成され、2014年からトップチームでプレーしてきたMFだ。

主にウイングバックとして起用され、サイドから積極的な仕掛けでゴールを狙う攻撃的なスタイルで知られた。

インゴルシュタットは昨季限りでオーストラリア代表FWマシュー・レッキーをヘルタ・ベルリンへ放出しており、その後釜としての獲得とみられる。