斉藤由貴

写真拡大

6日放送の「サンデー・ジャポン」(TBS系)で、杉村太蔵が、斉藤由貴の釈明会見を絶賛した。

「週刊文春」の3日発売号は、斉藤と妻子ある50代男性医師の不倫疑惑を報じていた。報道を受けて斉藤は記者会見に応じ、不倫関係を否定するも、相手に対する好意を抱いていたなどと告白していた。

番組では記者会見の様子をVTRで紹介し、尼神インターの渚は「天然な感じで、他の会見と比べて、あんまイラッとせんかった」と感想を述べる。

すると杉村が、「世間では(謝罪会見で)『真相を述べよ』と言うけれど、そんなことはない!」とし、「世間の怒りを収めることが、謝罪会見の大事なポイントなんですよ」と力説する。斉藤の会見を「これが(謝罪会見の)すべてなんですよ」「大成功なんですよ」と高評価したのだ。

続けて杉村は、斉藤があるラジオ番組に出演した際、激励のメールが400通ほど届いたという事実も補足していた。

【関連記事】
安藤優子 斉藤由貴が「恋人つなぎ」した気持ちを分析
坂上忍 斉藤由貴の記者会見に感心「なんて絶妙なんだろう」
井上公造氏 斉藤由貴の24年ぶりの不倫報道を分析「同じことが繰り返される」