少女時代、ファンと祝った涙と感動の10周年…ファンミーティングで見せた絆と誇り

写真拡大 (全3枚)

少女時代が10周年記念ファンミーティングを盛況裏に終えた。

少女時代は5日午後7時、ソウルオリンピック公園オリンピックホールで10周年記念ファンミーティング「GIRLS' GENERATION 10th Anniversary - Holiday to Remember -」を開催し、笑いと感動が溢れる特別な時間をファンと一緒に過ごし、デビュー10周年を祝った。

この日のステージで少女時代は、ダブルタイトル曲「Holiday」と「All Night」、収録曲「One Last Time」などの6thフルアルバムの新曲のステージを初公開したことはもちろん、デビュー曲「Into The New World」から「少女時代」「Kissing You」「Tinkerbell」「GENIE」、昨年SM「STATION」で披露したファンソング「あの夏(0805)」などのファンが聞きたいさまざまなステージをプレゼントし、爆発的な反応を得た。

加えて過去10年間の活動を振り返って、メンバーたちが直接選んだベスト曲、振り付け、コンサートTOP3を発表したアンケートで、3つの項目すべて「Into The New World」が1位を占め、メンバーたちは「今の少女時代を作ってくれた大切なデビュー曲」「時代を代表する歌になったと思う」「デビュー時や今も歌う度に心に届く」と選定の理由を明らかにして視線を引き、この他にも「群舞」「願い」など少女時代を象徴する8つのキーワードの話、観客からの質問に回答したQ&Aなど、様々なトークでファンとコミュニケーションし、熱い歓呼を得た。

また公演の終盤にメンバーは、「誇らしい」「君は私のプライドである」「少女時代になってくれてありがとう」など、互いに話したいことを伝えて熱い友情を見せ、特にテヨンは「常に少女時代を私の胸に抱いて歌を歌っている。最近は個人の活動も多いが、自分の基盤の中に少女時代が常に存在していることを分かっているので、誇りを感じてステージをお見せすることができるのだと思う」という言葉で、少女時代としての誇りを明らかにし、ファンの拍手と歓声で会場を満たした。

さらに今回のファンミーティングでは、少女時代の10年間の活躍や各種記録、輝く瞬間を振り返る映像も上映され、10周年の思い出を分かち合ったことはもちろん、ファンも少女時代に向けたメッセージを込めたサプライズ映像イベント、「夢を見るように共にした10年」と「永遠に共にする私たちの夢」というフレーズのプラカードイベントなどをプレゼントし、メンバーたちは感動の涙を流していた。

少女時代の6thフルアルバム「Holiday Night」は7日に発売される。