諸星和己

写真拡大 (全10枚)

光GENJIの諸星和己(46)が5日、千葉・幕張メッセ駐車場で行われたライブイベント。『オモロック2017』にゲスト参加。この日、一夜限りのスペシャルユニットを吉本芸人と結成し、往年のヒット曲「ガラスの十代」など計4曲をメドレーで届けた。

「グループの歌を一人でやるのは、大変。ハァハァ言っちゃった」と諸星。「あと、現役のときは、口パクだったし」と冗談。また「えっ、余計なこと?言わなきゃいい?」とトボけ、笑わせた。

▼ 諸星和己

ライブイベント『オモロック2017』にて


光GENJIは、1987年から94年まで、7年間に渡って活動した。「(メンバーの)仲は悪かった。あいつらは、よく我慢してくれた」と自虐トークも。周りを取り囲んだ芸人たち(COWCOWレイザーラモンRG、ジャルジャル、コロコロチキチキペッパーズ)との間で、嘘っぽく話した。

「解散していなければ、30周年」とポツリ。「解散していなければ、8月19日でデビュー30周年」と、今度は真面目な表情で、同じ言葉を重ねた。

「復活はない」と断言するも、「俺たち7人。グループでLINEをやってる」と明かす場面。「中身を教えて欲しいって?それは、嫌だ」と断る姿勢を見せるも「食事に行ったりする」と明かした。

「だけど、俺がいつも会計をする。俺の場合、色んなところに領収書を切れるからさ…」と言い、冗談に冗談をかぶせていた。

▼ 諸星和己

ライブイベント『オモロック2017』にて




▼ (左から)レイザーラモンRG、諸星和己



▼ (左から)COWCOW、レイザーラモンRG、ジャルジャル、コロコロチキチキペッパーズ