脱税疑惑にウンザリ?ロナウド、裁判で「イングランドへ…」

写真拡大

『Talksport』は5日、「脱税疑惑がかかっているクリスティアーノ・ロナウドは、裁判の中でイングランドに戻りたいと話した」と報じた。

先日、肖像権収入に関わる1470万ユーロ(およそ19.1億円)の税金支払いを違法に免れたとして起訴されたクリスティアーノ・ロナウド。

今週初めにはマドリード郊外の裁判所に出廷して証言を行い、重ねて自分が無罪であることを強く主張した。

そして『Cadena SER』によれば彼はその中で「イングランドに戻りたい」という意思を明らかにしたという。

クリスティアーノ・ロナウド

「僕はイギリスでこのような問題を抱えたことは一度もなかった。それが、あそこに戻ってみたい理由だ。

イングランドへ行った時のことを覚えている。彼らは僕に物事がどのように動いているかを教えてくれた、

僕は18歳でマンチェスター・ユナイテッドに行った。そして彼らに最高のシステムは何であるかという助言をもらった。それは他の選手がやっているようなことだ。

スペインでは、僕はもっと支払えと言われている。しかし、それは問題ない。

僕はいつも支払ってきた。支払わなければならないものについてはね」