頸椎の損傷は「ヘドバンをした後のケアを怠ったから」

ロックバンド・Janne Da ArcのyasuによるソロプロジェクトであるAcid Black Cherryのオフィシャルホームページで、ツアー『Acid Black Cherry 2017 tour Blood History“BLACK × BLOOD”』の中止と、yasuが無期限で活動休止することが8月3日に発表された。

Acid Black Cherry

<耳マンのそのほかの記事>

オフィシャルホームページによると、ツアーの中止、そして活動休止は、「頚椎の損傷、それに起因する身体各所への痛み」によるという。また、yasuが直筆で書いたファンへの手紙では、首を痛めた原因はヘドバン(ヘッドバンキング)をしてきたことではなく、「ヘドバンをした後のケアを怠ったから」と強調。これはヘドバンの印象が悪くなることを避けたい、頭を振ってライブを楽しむことを否定されたくないとのyasuの強い思いが見受けられる。

優しさにあふれたファンへの手紙

手紙ではさらに、今回の決断は「断腸の思い」だったことがつづられ、「あまり心配しなくて大丈夫です」「LIVEで暴れたら、ちゃんとしっかり体を労わって下さいね」とファンを思いやる言葉が続く。

そんなyasuに「とりあえず今はゆっくり休んでもらいましょ」「早く元気なyasuが見れますように」「絶対に自分を責めないで下さい」など、心配するコメントが寄せられるほか、「この手紙の中にyasuの優しさが感じられる言葉がいくつあることか」と、手紙に散りばめられたyasuの優しさに感動する声が寄せられている。

親交の深いDAIGOもDAI語でメッセージ

yasuの後輩であり、以前は週5で飲み明かしていたというロックバンド・BREAKERZのDAIGOも、同日「焦らずゆっくり治して 万全の状態で 超待ってます。 休んだあとの 兄貴の 最高の 歌を楽しみにしています!」とツイート。縦に並べられた頭文字をとると「ABC yasu」と読める、DAI語での励ましのメッセージを送っている。

DAIGO Twitter

[HEW]