暑い夏を乗り切る!疲労回復をサポートするスタミナレシピ5選

写真拡大 (全7枚)

暑くなってくると、食欲が落ちて体力が低下したり、エネルギーを消費しがちですよね。そんなときにはスタミナ食材を使ったレシピでスタミナを回復しましょう!イベントも多くなる夏。スタミナ料理を食べて、楽しい夏を過ごしませんか?

スタミナ食材を使ったレシピ

スタミナとは、長時間疲れずに動くことのできる持久力のことです。

では、スタミナをつけるためにはどうしたらいいのでしょうか?

まずは持久力を高める効果が期待できるもの、また不足すると疲労感を感じやすい栄養素などを補うことが大切ですよ。

 スタミナレシピ5選

 ゴーヤチャンプルー

ゴーヤの苦み成分の一つであるモモルディシンという成分は、胃の分泌を促して食欲を増やしてくれると言われています。

豚肉には疲労回復に効果があるビタミンB1と、糖質や脂質をエネルギーに変換するのに必要なナイアシンを含んでいます。

ゴーヤと豚肉を使ったゴーヤチャンプルーは、夏バテ予防にぴったりなメニューと言えます。

レシピ

 

 タコのマリネ

タコには栄養剤にも含まれるタウリンという成分が豊富に含まれています。

タウリンには疲労回復、スタミナアップ効果があると言われています。

タウリンは水溶性なので、煮汁まで食べられる料理か、カルパッチョなどの生で食べれる調理方がおすすめです。

レシピ

 

うなぎバラちらし寿司

うなぎには疲労回復に効果があるビタミンB1が豊富に含まれています。

その他のビタミン類も豊富で、美容効果も期待できるので女性に嬉しい食材です。

酢飯と合わせたちらし寿司なら、食欲が落ちる暑い夏でもさっぱりと食べることが出来そうですね♪

レシピ

 

 オクラと山芋のピリ辛そぼろ炒め

オクラや山芋に含まれるネバネバ成分のムチンは胃の粘膜を修復してくれます。

豚肉などのスタミナ食材と一緒に摂るとスタミナ食材として相乗効果が期待できます。

唐辛子の辛み成分のカプサイシンも、エネルギーの代謝を活性化してくれるのでスタミナ回復効果が期待できます。

レシピ

 

 豚バラ肉ともやしとニラのにんにく風味炒め

ニラとにんにくには香りのもとになるアリインという成分が含まれています。

切ることで野菜の酵素と反応してアリインはアリシンという成分に変化します。

アリシンにはビタミンB1の吸収を促進する働きがあり、ビタミンB1を多く含む豚肉と一緒に調理することで糖質がエネルギーに変わるのをサポートしてくれます。

レシピ

 

 バランスの良い食事を!

いくらスタミナが付くからといっても、同じ食材ばかりを食べていては栄養のバランスが崩れてしまいます。

各栄養をバランス良く摂取できるように心がけ、暑い夏を乗り切りましょう!

 

関連記事

身体の免疫力を上げて内側からきれいに。酢玉ねぎの効果とアレンジレシピ4選

夏野菜を食べて健康美を目指そう!種類別効果と摂取の仕方