トイ・ストーリーランド|香港ディズニーランド・リゾート (撮影 / つるたま)

写真拡大

海外ながら、子連れファミリーでも、思う存分に楽しめてしまう、香港ディズニーランド・リゾート。

【画像】ファミリーで楽しめる「香港ディズニーランド・パーク」の見どころ満載!

実際に子どもと一緒に遊びに行っている経験から、ファミリー目線での、香港ディズニーランド・パークの見どころ5選を紹介します。

1. キャラクターとたくさん写真が撮れる!

香港ディズニーランド・リゾートの特色として、まず挙げられるのが、キャラクターグリーティングの充実具合。

2017年6月末時点で、香港ディズニーランド・パークで、グリーティングができるキャラクターは、なんと、

ミッキーマウスミニーマウスドナルドダックデイジーダックグーフィーチップデールダッフィーシェリーメイジェラトーニエルサアナシンデレラ白雪姫オーロララプンツェルティンカー・ベルウッディージェシーバズ・ライトイヤーチューバッカBB-8アイアンマンスパイダーマンキャプテン・アメリカ

という豊富さ!! ※登場キャラクターは予告なく変更となる可能性があります

これらは、パーク内で偶然会えるかもしれない、というわけではなく、実施時間に開催場所に行って、並べば、確実にグリーティングできるキャラクターたちです。

キャラクターに会うまでの待ち時間は、混雑状況にもよりますが、長くても数十分程度であるケースが多く、中にはほとんど待たずに会えちゃうことも!

思う存分、好きなキャラクターたちとグリーティングできちゃいますよ。

ジェラトーニにも会える!

上記リストを見て、お気づきと思いますが、東京ディズニーシーの人気キャラクター、ダッフィー、シェリーメイ、ジェラトーニにも会えます!

中でも、ジェラトーニとグリーティングできる機会は、貴重。実際に会ってみると、とても愛らしく、ファンは必見ですよ。

2. 絶対観るべき!「ミッキー・アンド・ザ・ワンダラスブック」

香港ディズニーランド・リゾートだけでしか公演されておらず、“遊びに行ったら、絶対に観るべきショー” としておすすめしたいのが、「ミッキー・アンド・ザ・ワンダラスブック」。

「世界のディズニーパークの中で最高のショーの一つ」と評価するディズニーマニアさえいます。

進行役は、ミッキーとグーフィー、オラフ。

ディズニーアニメーションの世界の本の中を旅していくのですが、それぞれ、生歌や、ダンサーのパフォーマンスが、最高です。

なんと、アリエル、ラプンツェル、メリダが3人で一緒に歌唱する、奇跡のシーンも!

最後には、エルサが “レリゴー” まで披露してくれます。

もちろん、歌は日本語ではありませんが、聴き慣れたディズニーの名曲ばかりなので、子どもでもしっかり楽しめますよ。

3. 香港だけの「トイ・ストーリーランド」で遊ぶ!

幼児〜小学校低学年向けアトラクションなら、ぜひ、香港ディズニーランド・リゾートだけにしかないテーマエリア「トイ・ストーリーランド」へ。

エリア全体が、映画『トイ・ストーリー』シリーズの、アンディのおもちゃ箱の中としてつくられています。

写真を撮って回るだけでも、見どころ充分。

ウッディー&ジェシーたちとグリーティングできる「バレル・オブ・ファン」や、スリンキーに乗ってグルグル回るのが楽しい「スリンキー・ドッグ・スピン」など、幼児でも楽しめます。

また、「RCレーサー」や、「トイ・ソルジャー・パラシュート・ドロップ」など、スリルのあるアトラクションも。

おもちゃがいっぱい販売されているショップ「アンディーズ・トイ・ボックス」にも注目。

カラフルでわくわくする店内には、トイ・ストーリーをはじめ、さまざまなディズニー、ディズニー・ピクサー、マーベル等のグッズがあります。

4. 大迫力! 円形劇場で「フェスティバル・オブ・ザ・ライオンキング」

ディズニー長編アニメーション映画『ライオン・キング』を、ダンス・アクロバット・生歌満載のミュージカルで楽しめる、「フェスティバル・オブ・ザ・ライオンキング」。

ぜひ観に行ってほしい、おすすめショーです。

観客である私たちは、円形劇場をぐるりと取り囲んで座ります。

なんと言っても、出演者との距離が近く、すぐ目の前で繰り広げられるパフォーマンスは迫力充分。

『ライオン・キング』のエモーショナルなストーリーに、いつしかのめり込んでいる自分に気づきます。

5. 香港の2大パレード+花火

香港ディズニーランド・リゾートでは、2つのパレードが公演されています。

お昼のパレードが「フライト・オブ・ファンタジー・パレード」。

ミッキー、ミニー、ドナルド、グーフィー、プルートほか、スティッチやトイ・ストーリーの仲間たちなどが、ノリノリの音楽に乗って登場します。

最前列での鑑賞にこだわらないなら、パレードが始まる時間に、のんびり見に行っても、充分に楽しめますよ。

夜のパレードは、「ディズニー・ペイント・ザ・ナイト」パレード。

“ギラギラ” と形容しても差し支えないほどの鮮やかなLED照明と、前衛的な装飾の数々。次世代のナイトパレードを目の当たりにするれば、きっと驚きと感動があります。

2017年7月時点で、香港ディズニーランド・リゾートだけで公演されている点でも、注目です。

もう一つ、夜のエンターテイメントで注目なのは、「ディズニー・イン・ザ・スターズ」花火。

シンボルである、眠れる森の美女の城に、プロジェクションマッピングが投影され、ディズニーの音楽とともに、上空に花火が打ち上げられます。もちろん、音楽に合わせて投影される、数々のディズニーキャラクターたちの姿も、必見。

ただし、閉園間際の公演なので、小さな子にとっては、少し眠い時間になることもあるかもしれません。夕方前にお昼寝を挟むなど、子どもの体力と相談しながら、うまくスケジュールを組めるといいですね。

協力:ディズニー・ディスティネーション・インターナショナル

As to Disney artwork, logos and properties: ©Disney