北朝鮮国営の朝鮮中央通信は5日、「米国は責任ある選択をすべきだ」とする論評を配信。米国の一部で持ち上がる対北強硬論を「軍事的空威張り」であると断じた。

論評は、「(米国の)政界と軍部内で戦争をしてでも北を崩壊させる、破壊的な軍事行動を取る、急速かつ致命的で圧倒的な武力使用の準備ができているという暴言が吐かれている」と指摘。

また、戦略爆撃機を朝鮮半島上空に展開させるなどの米軍の軍事示威に言及しつつ、「これは、われわれの連続的な核攻撃能力誇示に度肝を抜かれた連中のヒステリックな発作症である」と述べている。

論評はそのうえで、あくまで核・ミサイル開発を続ける方針を強調しつつ、「米国は今からでも大勢を正しく判断し、責任ある選択をすべき」と要求している。

ここで言われている「責任ある選択」とは、自国を核武装国家と認め、米韓合同軍事演習を中止せよなどとする北朝鮮の従来からの主張を指すと見られる。