ソルリの写真を撮った写真家ロタ「議論になるとは思わなかった」…撮影の経緯明かす

写真拡大 (全3枚)

写真作家ロタ(Rotta) が、ロリータ議論が浮上したソルリの写真について解明した。

3日午後に韓国で初放送されたOnStyle「熱いサイダー」(MCパク・ヘジン) では、お笑い芸人キム・スク、映画ジャーナリストのイ・ジヘ、CEOイ・ヨヨン、弁護士キム・ジイェ、モデル、女優のイ・ヨンジンと、スペシャルゲストの写真作家ロタが出演した。

この日の放送でロタは「ソルリが写真を公開した当時、多くの人々が喜んでくれたが、ロリータ議論で注目された後には悪質なコメントが多くなった」と打ち明けた。

引き続きロタは、「ソルリとはこのような議論を予想できずに作業をすることになった。ソルリから先に連絡がきた。SNSに個人連絡先が書かれているが、ソルリからメッセージがきた。一緒に写真の仕事がしたいと言った。ソルリからの連絡に多くのことを考えた。コンセプトを考えるならミーティングをしなければならないと思うと言ったところ、直接訪問すると言った」として、ソルリと仕事をすることになった背景を伝えた。

これに対しパク・ヘジンはロタに「ソルリが先に少女コンセプトで撮ってみたいと言ったのか?」と尋ね、ロタは「そうだ」と答えた。

またイ・ヨンジンは、「ポーズはソルリが直接とったのか。気に入ったのか?」と尋ね、ロタは「一緒に作った自然なイメージだ。スタイリングもソルリがした。気に入って出版まで考えた」と答えた。

特にキム・ジイェは、「ソルリと(KARA出身) ハラの友情写真も、二人が先に考えたのか?」と尋ね、ロタは「そうだ」と話した。

するとパク・ヘジンは、「撮影する人が問題か、モデルが問題か?」と尋ね、イ・ヨヨンは「両方問題だ」として首を横に振った。またイ・ヨンジンは「消費者にさらに問題がある」とし、キム・ジイェは「作品の意図があるだろうと考えたが、がっかりした」と話した。

パク・ヘジンはロタに「今日の出演が問題になると思うか?」と質問し、ロタは「イッシューになるだろうと思う」として、視聴者に「私に対する攻撃にはストレスを受けない。モデルや家族に害を及ぼす方々には訴訟を起こしている。気をつけて下さったら良いだろう」と話した。