女優の斉藤由貴

写真拡大

 俳優の中尾彬(74)が6日放送のTBS系「サンデー・ジャポン」で、50代医師との不倫疑惑の渦中にある女優の斉藤由貴(50)に“勝った”経験を打ち明けた。

 以前、斉藤と共演したことがあるという中尾は「一緒に仕事した時ねえ、2時間ドラマだけど、私と一緒にやった時に『私、負けました』って(斉藤が)言った時、ビックリしたね。『中尾さんに負けました』って言われたんだよ。芝居をね。普通、男が言うだろ?女性に言われた時はビックリしたねえ」と、斉藤の演技に対する意識の高さを証言。

 司会の爆笑問題・太田光(53)に「中尾さん(斉藤に演技で)勝ったってこと?」と確かめられると、「もちろん!初めてだよ!」と悦に入りつつも「なんか、そういう人」「いい女優だよ」と、斉藤を評価していた。

 中尾は新劇出身の演技派で、名探偵・金田一耕助を演じて原作者・横溝正史にも称賛された映画「本陣殺人事件」(1975年)、北野武監督の映画「竜三と七人の子分たち」(2014年)などの代表作がある。