ヘンリー王子&メーガン・マークル、アフリカへ旅立つ

写真拡大

英ヘンリー王子(32)との交際開始から約1年経ったとされる米女優メーガン・マークル。彼女が8月4日に36歳の誕生日を迎えたが、今の2人は仲良くアフリカに滞在しているもようだ。アフリカと言えば、ヘンリー王子と仲の良い兄ウィリアム王子がキャサリン妃にプロポーズした思い出の場所。ここでヘンリー王子も、メーガンに思い切って求婚するのだろうか?

このほど熱愛中の女優メーガン・マークルとヘンリー王子が、アフリカに向けて旅立つ姿をキャッチされた。『The Sun』によると、2人がアフリカに旅立ったのはメーガンの誕生日。この日の2人はお揃いのように見える野球帽にサングラス、パンツスタイルという“どこにでもいる若いカップル”風のラフな服装で、上機嫌な王子がメーガンの肩を抱くなど幸せそうな様子であった。

今回のバケーションについて、情報筋は『The Sun』にこう証言している。

「ヘンリー王子は、長い間この休暇を計画していたんですよ。」
「ものすごくロマンチックな旅を計画したんです。湖をボートで渡ったり、夜明けに森林地帯を歩いたり。星空の下でキャンプしたりね。」

ちなみにヘンリー王子と大変仲の良い兄ウィリアム王子は、ケニアでキャサリン妃に求婚していた。そのためヘンリー王子も、現地で思い切った提案をする可能性もゼロではなさそうだ。

「アフリカの素晴らしい夕日を一緒に見たら、どうなることか。」
「もしかすると、王子は膝をついて求婚するかもしれません。ヘンリー王子にとって、アフリカは心の故郷です。アフリカにいると、全てから解放された気分になれるそうですから。」

愛するメーガンに、アフリカの壮大な風景を見せたい。おそらくそう思っているであろうヘンリー王子は、メーガンとの婚約を成立させ英国に戻るのだろうか。2人は「今年中にも婚約を発表か」と噂されており、数か月の間にビッグニュースが飛び出す可能性もありそうだ。
(TechinsightJapan編集部 ケイ小原)