『LOGAN/ローガン』

写真拡大

『X-MEN』シリーズの人気キャラクターであり、ヒュー・ジャックマンが17年にわたって演じ続けてきたウルヴァリンことローガン。その最後の雄姿を刻んだ映画『LOGAN/ローガン』が10月18日(水)にリリースとなる。

全世界80ヵ国で初登場1位を記録し、全米批評家サイトRotten Tomatoesでは批評家92%、観客93%(※2017年5月30日時点)という高い数字をマークした本作。世界の未来を握る少女ローラを守るため、ローガンが最強の敵に立ち向かう過激で鮮烈なヴァイオレンス・アクションだ。

セルの4K ULTRA HD + 2Dブルーレイ(4枚組)と、ブルーレイ&DVD(2枚組)にはいずれも、初回生産限定でウルヴァリン・パズルカード(9枚組)という封入特典付き。さらに、4K ULTRA HD版にはモノクロバージョンの「LOGAN/ローガン:ノワール」が特典映像として収録される。これはジェームズ・マンゴールド監督自らが監修した全編モノクロバージョンで、4K ULTRA HD版だけの特典映像だ。AV評論家の麻倉氏は「これは単なるモノクロではない。人が見えない世界を見せる映画の芸術性において、本モノクロ版は類い希なる価値を有す。夜景の黒の深さ、白のシャーブさは、まさにモノクロだけの特権だ。監督がこだわった鋭い切り口はモノクロ、リアリティはカラーと、二つの世界を体験できる。しかも、カラーに比べてモノクロはより想像力が膨らみ、絵の中に自分が入っていけるがゆえに、監督のメッセージがより明快に伝わってくる」と解説する。

キャストは、ヒューのほか、『X-MEN』シリーズのパトリック・スチュワート、『ジキル&ハイド』のリチャード・E・グラント、『ナルコス』のボイド・ホルブルック、『エキストラ:スターに近づけ!』のスティーヴン・マーチャントなど。物語の鍵を握るローラを演じるのは、「目だけで演技ができる」とマンゴールド監督が称賛する新人女優ダフネ・キーン。

すでにミュータントの大半が死滅した2029年。長年の激闘で心身ともに疲弊しきったローガンはもはや不死身の存在ではなく、リムジンの運転手として日銭を稼ぎ、メキシコ国境近くの廃工場で年老いたチャールズ・エグゼビア(プロフェッサーX)の面倒を見ながら暮らしていた。ある日、ローガンはガブリエラという女性から、ローラという謎の少女をノースダコタまで送り届けてほしいと頼まれる。その後ガブリエラが殺され、やむなくローガンはローラを廃工場にかくまうが、ローラを奪い返すために巨大企業トランシジェン研究所から放たれた男ピアースが武装集団を引き連れてくるのだった...。

なお、この『LOGAN/ローガン』と同じタイミングで、『X-MEN』初のTVシリーズ『レギオン』のブルーレイ&DVDもリリースされる。プロフェッサーXの息子にして史上最強のミュータントであるデヴィッド・ハラーを主人公にした同シリーズと合わせて『M-MEN』の世界を楽しんでみてはいかがだろうか。

■『LOGAN/ローガン』商品情報
10月18日(水)リリース
<セル>
・4K ULTRA HD + 2Dブルーレイ(4枚組)...6,990円+税
・ブルーレイ&DVD(2枚組)...3,990円+税
9月13日(水)デジタル先行配信スタート

発売元:20世紀フォックス ホーム エンターテイメント ジャパン

【Ultra HD ブルーレイ】ご視聴にはUltra HD ブルーレイ再生対応機器が必要となります。[4K ULTRA HDを高品質でお楽しみいただくために]4K ULTRA HDは4K解像度・HDR(ハイダイナミックレンジ)・広色域での再生に対応しています。ご視聴には、Ultra HD ブルーレイ再生対応機器に加え、4K/HDR対応テレビでのご視聴をおすすめいたします。

(海外ドラマNAVI)