サバンナにポツンと佇む一本の木。ここで静かなる攻防戦が繰り広げられていた。

インパラを狙うヒョウを見つけ出せ!

ヒントをひとつ。

大地から伸びる幹の向かって左側。

角を下にしてインパラが逆さにぶら下がっているのが見えるはず。

これはこれでスゴい瞬間。

が、インパラにもはや道はなし。

絶体絶命……
ヒョウは、そのすぐ近くにまで迫っている。

ヒョウが見つからない人だけ続きを…

どう、意外とムズカシイでしょ?

ぶっちゃけ、僕はすぐ降参。

答えは、以下の画像でチェック!

さて、後日ユーザーからこんなご意見を頂戴した。
いわく、ヒョウは捕らえた獲物を木の上に運び上げ、邪魔をされずに食べる習性があるそうだ。とすると、逆さになったインパラはすでに絶命したものという見方のほうがスジが通る。貴重なご意見のため、ここに反映させていただいた。

※本記事は、都合により内容を一部変更しております(2017/08/8 14:00)

Licensed material used with permission by ngo Gerlach