「しれとこ里味」は地場産素材100%で海鮮和食を食べさせる地元の人気店

写真拡大

飲食店にとって仕入れルートって重要ですよね。今回ご紹介するお店は親会社が魚屋さんで水産加工会社で酒屋、という完璧なお店。良くて安いものが優先して、集中して仕入れられるというお店なんです。

「知床産つぶのかき揚げ」1000円

「しれとこ里味」は地場産素材100%で海鮮和食を食べさせる地元の人気店です。水産加工会社と酒屋を親会社に持っているため、リーズナブルに質の良いものがメニューにできるという親会社のありがたい七光りを存分に浴びて育ったお店です。

ここに来たらまずこれ、というのが名物そば「知床産つぶのかき揚げ」1000円です。来店客の半数以上が注文するという人気メニュー。ツブ貝だけでなくそば粉も水もすべて地元産を使用しています。カラリと揚がったかき揚げはサクサク食感の中に歯ごたえのあるツブ貝がたっぷり。かき揚げの脂と貝肉の旨味が一つになった絶妙の味わいが楽しめます。

こちらもおすすめの「銀がれい味噌漬焼定食」1250円。年間でも少量しか獲れない銀ガレイを低温熟成させ、寒作り味噌に三河みりんを合わせた味噌ダレを使います。カレイの脂の旨味と味噌の甘辛い味わいでご飯がいくらでも食べられてしまいます。

魚介類はすべてウトロを含めた斜里町産のものを使用。特につぶ貝は6中でも最上級の「ばい貝」と呼ばれているものだけを使います。「つぶ貝の醤油煮」3個550円はそのつぶ貝の素材の良さと味の魅力がわかるメニューです。

メニューはほかに「さくらますのルイベ漬け丼」1000円、「サチク麦王豚ロース生姜焼き丼」900円など、地元の素材をより手軽に食べられるように工夫したメニューが並んでいます。まさに斜里の「里の味」を予算を気にせず気兼ねなく存分に楽しめる店です。

しれとこ里味 ■住所:斜里町新光町64 ■電話:0152・23・2220 ■時間:11:00〜14:30(LO)、16:30〜20:30(LO20:00)※月曜はランチタイムのみ営業 ■休み:不定 ■席数:100席(分煙)

【北海道ウォーカー編集部】