「私のプレースタイルを理解しなかった」 在籍1年で退団のアウベスがユベントス批判

写真拡大

PSG移籍のアウベス、ユーベに感謝しつつも「幸せな時間を過ごしたとは言い難い」

 新シーズンに向けてイタリア王者ユベントスからわずか1シーズンでパリ・サンジェルマンへ移籍したブラジル代表DFダニエウ・アウベスが、ユベントスのプレースタイルを批判している。

 イタリア衛星放送「スカイ・スポーツ」が報じた。

 アウベスは、昨季開幕前にスペインの強豪バルセロナでのキャリアに終止符を打ってユベントスに移籍した。シーズン半ばに戦線離脱した時期こそあったものの、4バック、3バックを併用するユベントスで右サイドの主力として活躍。UEFAチャンピオンズリーグでは準決勝のモナコ戦で2戦合計して3ゴールに絡む活躍も見せた。

 しかし、そのユベントスをわずか1シーズンで去る決断を下した。その理由が、プレースタイルが自身のものに合わなかったからだと語っている。

「私はリスクを背負いながらでも、ボールを多くポゼッションしていくサッカーを求めるタイプの選手だ。しかし、ユベントスは私のプレースタイルを理解しようとしなかったし、幸せな時間を過ごしたとは言い難いね。だから、新たなチームを探すことにしたんだ。まあ、ユベントスには感謝をしているけどね」

ユベントスへのネガティブな感情を隠さず

 アウベスはこう語り、バルセロナでプレーしていたようなポゼッション志向のサッカーをユベントスで実現できなかったことが移籍の決断につながったと語った。ユベントスはイタリア国内では攻撃的な部類に入るチームだが、長くスペインでプレーしてきたアウベスにとっては不十分なものであったという。

 アウベスはユベントスからの去り際に、元アルゼンチン代表MFディエゴ・マラドーナ氏へ議論を吹っ掛けたり、バルセロナ時代に着用したスパイクの画像をSNSにアップしたことを報じたイタリアメディアへ宣戦布告したりと、問題行動も目立っていた。そうした流れのなかで、改めて火に油を注ぐような発言をしたアウベスの真意は不明だが、少なくとも古巣に対してネガティブな感情を持っていることは間違いなさそうだ。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images