お笑いコンビ「ダウンタウン」の松本人志

写真拡大

 お笑いコンビ「ダウンタウン」の松本人志(53)が6日放送のフジテレビ「ワイドナショー」(日曜前10・00)に出演し、週刊文春で不倫疑惑が報じられ、3日に釈明会見を行った女優・斉藤由貴(50)についてコメント。斉藤の不倫報道が今回で3度目になったことに触れ「殿堂入り」「不倫ビザを与えてもいい」など持論を述べた。

 「芸人をやっていて、不倫があかんのやって、なんのために芸人やってるんだってしくしく泣くことがある」と話すなど、不倫は許されないという世間の風潮について不満の様子を見せた松本。斉藤については「過去に(不倫騒動が)何度もあったわけじゃないですか」と切り出して「そういう意味で、この人は殿堂入りだと思うんです」と私見を述べた。

 また、米・ニューヨークに活動の拠点を移すことを発表していながら、いまだに就労ビザを取得できていないピースの綾部祐二(39)を引き合いに出す場面も。

 4、5日前に、綾部と食事をしたといい、その際ビザが下りない理由について、米国での貢献度が背景にあると説明されたという。

 松本は、綾部の現状を斉藤に置きかえ「ここまで(不倫騒動を)やってきた人ですから、不倫ビザを与えてもいいのでは。浜田なんて永住権取ってますもん」と笑いを交えてコメント。また、斉藤が減量や肌ケアなど、女優生命を守るメンテナンスを相手の医師が行っていると説明したことを「この人(斉藤の)女優さんとしての魅力は、こういうことだと思う」と話して、斉藤の言動に理解を示した。