VIXX レオ&ケン、アイドル&ミュージカル俳優に対する愛情を語る

写真拡大

VIXXのレオとケンが信頼して見られるミュージカル俳優になった。

ミュージカル「マタ・ハリ」と「ハムレット」を通じてミュージカル俳優として成長を遂げているVIXXのレオとケンが、公演専門マガジン「scene PLAYBILL」8月号のカバーストーリーの主人公になった。

次世代のミュージカルルーキーに浮上している2人は、今回のグラビアを通じて純粋な青年の爽やかな魅力と熱い情熱溢れる姿まで、さまざまな魅力で視線を奪った。

ミュージカル「マタ・ハリ」に1年ぶりにアルマン役で帰ってきたレオと、「ハムレット」のセクシーな主人公ハムレット役で公演を終えたケンが、ミュージカル俳優として共に撮影したグラビアであるだけに、2人は歌手とミュージカル俳優としての活動について「ウィンウィンする相乗効果と癒やしである」と語った。

公開されたグラビアの中で2人は、圧倒的なフィジカルで視線を奪い、自由で明るいカバーカットを完成させた。2人が共に撮影したツーショットでは、爽やかな雰囲気と茶目っ気たっぷりの姿を見せながらも、個人カットではそれぞれの個性を活かすさまざまな魅力を表現した。

グラビアとともに行ったインタビューでレオは「演技レッスンを受ける時、歌を初めて習った時のような感じを受ける。漠然としているが、楽しくてさらに欲が出る」とし、演技に対する情熱を表した。

また「ミュージカルのドラマが想像と考えの幅を広げてくれたおかげで、ボーカルとしても歌にアプローチする方法や感情表現がより深くなっていると思う。ミュージカル俳優と歌手が互いにウィンウィンする関係で本当に良い」とし、歌手であり、ミュージカル俳優としても成長している相乗効果について語った。

ケンも「アイドルとミュージカル俳優いずれも自分が好きで選択したことであるが、2つが自分の中でぶつかるときもあり、体力的にも精神的にも大変な時もあるけれど、耐えなければならない。ステージに立つ時は本当に幸せだから」と明らかにした。

そして「2つの仕事は癒やしそのものだ。メンバーたちとステージに立つ時、自信が生まれて互いに力になる。ミュージカルでは同僚たちと交流してコミュニケーションするのはもちろん、褒められる時も怒られる時も大きなエネルギーを受ける。それぞれ違う癒やしとなる」とし、歌手とミュージカル俳優としての活動に対する愛情を表した。

レオはミュージカル「マタ・ハリ」を通じて一層成熟した感性や深くなったキャラクターの表現で1年ぶりに完璧な姿で帰還した「テクルマン(本名のチョン・テグン+アルマン)」という評価を受け、観客から大きな支持を受けている。初演で温かく愛に溢れる人から、反抗児の猪突猛進な魅力まで加えられたアルマン役を完璧にこなし、上演ごとにスタンディングオベーションを受けている。

ケンは最近幕を下ろしたミュージカル「ハムレット」で公演の始まりと終わりを飾る主人公として心の込もった演技を披露し、ケンならではのハムレットの“ケンリット”を完成させ、最後の公演まで観客の熱い歓呼を得た。パワフルな歌唱力と爆発的な感情演技まで、多彩な魅力でステージを埋め尽くし、最後の公演まで感動を届けた。

VIXXは4thミニアルバム「桃源鏡」の活動を終えた後、日本でのツアーを盛況のうちに終えた。