杉咲花19歳、TBSの『終戦72年特別番組』でナレーション挑戦

写真拡大

若手女優の杉咲花が、8月12日(土)15時から放送される『終戦72年特別番組 秘密〜いま明かされる4の真実』(TBS系列)で、初めて終戦特別番組のナレーションを務めることがわかった。

何のために戦うのか、どこでどんな作戦があるのか……何も知らされぬまま人々が命を落とした第二次世界大戦から72年。当時秘密とされた多くの事実のうち、4点が今年明らかになった。そして、それらは不思議と今の世界と繋がっていた。番組では、連合軍の攻撃を受け座礁した駆逐艦の引き揚げ、世界初公開の核実験映像、熊本県の地下秘密基地、インパール作戦の全貌といった4の秘密の物語を解き明かし、戦争の悲しさ、惨めさ、愚かさを訴える。

2015年3月に放送された『戦後70年 千の証言スペシャル 私の街も戦場だった』内のドキュメンタリードラマで主演を務めた杉咲。この番組は、その年の日本放送文化大賞のグランプリ候補に選ばれるなど高い評価を得た。

現在19歳の杉咲は「私たちが日々過ごしているこの世界での重要な事実が、またひとつ記録として残ること、その意味を考えながら、私自身もしっかりと受け止めさせていただきたいと思っています。一昨年にも参加させていただいた終戦特別番組に、今回はナレーションという形で携わらせていただけることを光栄に思います」と語っている。