中国・北京在住、世界一の「奇石コレクター」の愛石生活

写真拡大

中国の伝統社会において「文人」とは、幅広い教養、文才、能筆を兼ね備えた、王侯貴族、官僚、地主、地方豪族を意味する。その定義は時代の変遷とともに移り変わるが、軍人である武人に対して、書斎人である点において一貫している。

その書斎を中心に発展したのが「文房趣味」だ。筆、硯などの文房具にはじまり、書斎のあらゆるものが対象となったが、「石」はとりわけ愛でられてきた。英語ではスカラーズ・ロック(文人の岩)と呼ばれるそれら奇石・怪石は、7世紀の唐の時代から収集され、絵画や詩など創作のインスピレーション源でもあり続けている。
 
今回訪ねた北京在住の画家・曾小俊(ヅォン・シャオジュン)は、世界一の奇石コレクターだ。ギメ美術館(パリ)の「スカラーズ・ロック」展(2012年)では、奇石の大半は曾氏の所蔵品から出展された。
 
その曾氏のスタジオを、五月晴れの日に訪ねた。北京の中心地から車で40分、さんざん迷ったすえに、4000坪の敷地に4棟が点在する広大なスタジオにたどり着いた。うち3棟は取り壊される運命にあった清時代の木造建物が移築され、スタジオというより荘園といった趣だ。
 
お茶を飲み、葉巻を吸いながらのリラックスした雰囲気で取材は始まった。1954年に北京に生まれた曾氏は81年に中央美術学院(北京)を卒業すると渡米、ボストンで14年間教鞭をとり、その後画家として活躍する中国の国際派だ。伝統と現代的な軽やかさを兼ね備えたその作品は人気が高く、サザビーズのオークションでは3000万円以上で落札される。また、再来年にはロシアのエルミタージュ美術館での展覧会も予定されている。「一帯一路」国際会議の記者会見の背景にも曾氏の水墨画が展示されていた。
 
曾氏自身は、とても謙虚で物静かな人柄だ。文房趣味の書画、奇石、古木などを絵画の題材にする氏にとって、コレクションと画業は不可分の関係にある。
 
まずは初期作品の展示棟を見せてもらった。天井高5メートルはあろうかという清時代の木造建物が移築されている。北京の高層ビル建築ラッシュに伴う古建築の取り壊しが盛んだった90年代だったからこそ可能だったので、今日ではこのような建物は到底手に入らないと語る。照明、展示方法といい、ほとんど美術館レベルの空間だ。

奇石とともに、古木もイマジネーションを刺激する対象だ。前方には絵の題材になった木の絵。

近作の展示棟を経て、いよいよ奇石コレクションを収めた棟にたどり着いた。大小ある奇石の数々は、山水画の世界や盆栽の形態を連想させる。中でも明時代から愛玩されたという名石は、その抽象的で鋭角的な形が現代美術の作品を思わせた。

これら奇石に、欧米の著名現代美術コレクターが高い関心を寄せるのも頷ける。サザビーズやクリスティーズのオークションでは、1億円を超える落札も見られるようになってきた。美に古今東西の境界線はない。

龍や人間をデフォルメしたようなフォルムなど、さまざまな形状の奇石には人為的な加工はほとんど施されておらず、自然の形状のまま観賞される。中国人は、あるがままの石に小宇宙を見るのだ。自然の対極に人間を置く西洋に対して、人間も自然の一部とする東洋独特の世界観、美術的視点が垣間見える。中国の山水画で仙人が小さく描かれるのもその世界観ゆえだ。

奇石の脇によく細い棒が置いてある。不思議に思って曾氏に尋ねると、棒の先端の布が巻いてある部分で、いくつかの石を叩いてくれた。鐘を突いたような金属音が響く。形状、材質に加えて、一部の奇石では古来その音が愛でられてきたという。

等身大の巨大な奇石の展示室から、卓上サイズ中心の展示棟へと移動した。コレクションは100点を超えるが、「数十点は日本から購入しました」と曾氏は語る。今や日本の骨董商、オークション会社からも常に作品のオファーがあるという。

江戸時代に日本に伝わった奇石は、明治期にかけて煎茶道の流行とともに広まり、茶席などで珍重された。日本の文人たちも石を眺めて俗世を忘れ、風雅の世界に心を遊ばせたのだ。

展示室を後にし、庭園を散策した。移築した木造建築が立ち並ぶ中庭の中心に、中国庭園に欠かせない蓮池がある。「ここにいると明時代にタイムスリップしたような、安らいだ気分になります。絵の題材がすべて揃ってる感じですね」と曾氏。

会話が弾み、急きょ翌日、市内の旧城壁内の胡同にある自宅にうかがうことになった。原宿のように賑わう旧市街の大通りを一本路地に入ると、そこは打って変わった静けさだ。中庭を四棟で囲む清時代の伝統建築・四合院が曾氏の自宅だった。北京に6000以上あったという四合院は2000年以降の再開発でも多数取り壊された。現在売り物件はほとんどなく、あったとしても価格は数億円と言われている。


(左)スタジオ内。書や鳥籠など、随所に文人趣味が徹底している。(右)北京中心部の四合院の自宅。清の時代に建てられた。

自宅の庭にも、奇石や蓮を栽培する鉢が飾られ、いにしえの風情がある。「そもそも四合院とはこういうものなんだ!」と妙に納得がいった。

脳裏をよぎったのが、約10年前に偶然通りかかった四合院の中を見せてもらった時の記憶だった。裕福な一族の住まいだったはずの四合院には、地方から移住してきた三世帯の無関係な労働者の家族が密集して暮らし、風雅とは程遠い荒廃ぶりだった。ここ、曾氏所有の四合院には清時代の趣が取り戻されている。
 
20世紀後半、中国は文化大革命で多くの歴史的遺産を失った。しかし、それは脈々と続く中国5000年の歴史の中では一瞬の出来事に過ぎない。曾氏の言葉の端々に、中国の伝統文化を守る熱い思いが溢れていた。その悠久の時間に思いを馳せながら、邸宅を後にした。文化の多様性について考えさせられた訪問だった。


北京市内での取り壊される運命にあった清代の古建築をスタジオの敷地内に移築。文人の美意識を追求する曾氏が日本で好きな場所は京都だそう。

曾小俊◎画家。1954年北京に生まれる。81年中央美術学院(北京)卒業後10年以上の米国生活を経て、現在北京で活動中。明時代の文人画に影響を受けた作品で知られる。ボストン美術館(2010年)をはじめ、欧米各地で作品が紹介されている。中国現代で最も人気を集める水墨画家の一人。

【連載:アートの最前線】過去記事はこちら>>