利き手関係なしのボトルケージでサイクリングがはかどる!

写真拡大 (全5枚)

自転車ブランド・DOPPELGANGER(ドッペルギャンガー)から発売された「マルチユースボトルケージ DBC418-BK」(2400円 税別)は、ひと工夫アリのデザインで、右利きの人も左利きの人もボトルの抜き差しがしやすくなっている。

ボトルケージの多くは左右対称のデザインで、右利き専用に設計されているものがほとんど。左利きの人にとって使いづらいのはもちろん、右利きであっても取り付け位置によってはスムーズに取り出しにくい実情があった。

この「マルチユースボトルケージ」は、左右非対称で、斜め方向に抜き差ししやすいよう設計されている。付属のL字パーツの取り付け位置を変えるだけで、どこに取り付けても、左右どちらからでもスムーズにボトルを取りだせるのだ。

2個セットのため、ダウンチューブとシートチューブに取り付けたり、トライアスロン
バイクのようにサドルの後ろに取り付けたり、活用方法も豊富。統一感のあるシンプルなデザインも汎用性が高い。

軽量で耐衝撃性の高いABS樹脂を採用しているので、1個あたりの重量はわずか38g。500mlサイズのペットボトルにも対応しているため、ボトルを持っていなくても水分補給時に活躍してくれる。

使い勝手の良いボトルケージで、ストレスフリーなサイクリングを楽しもう!

>> DOPPELGANGER「マルチユースボトルケージ DBC418-BK」

 

(文/&GP編集部)