17-18フランス・リーグ1第1節、パリ・サンジェルマン対アミアン。試合前に行われた入団セレモニーで、ナセル・アル・ケライフィ会長と一緒にポーズをとるPSGのネイマール(2017年8月5日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】17-18フランス・リーグ1は5日、第1節の試合が行われ、パリ・サンジェルマン(Paris Saint-Germain、PSG)は2-0で今季から昇格したアミアン(Amiens SC)に快勝し、ブラジル代表FWネイマール(Neymar da Silva Santos Junior)の加入を勝利で祝った。

 スペイン1部リーグのFCバルセロナ(FC Barcelona)から史上最高額の移籍金でPSGに加入したネイマールは、本拠地パルク・デ・プランス(Parc des Princes)で行われた試合前にお披露目されると、ファンはネイマールの名前を連呼した。

 ネイマールは前日の入団会見で「PSGは魔法」と述べ、自身の獲得に2億2200万ユーロ(約288億円)を投じたクラブの「タイトル獲得に貢献したい」とコメントしていた。

 PSGのウナイ・エメリ(Unai Emery)監督は、「今回の契約は両者の野心を示している。われわれは上を目指し、ネイマールにとっても前進になった」と話し、「われわれの野望はタイトルを獲得することで、欧州チャンピオンズリーグ(UEFA Champions League)もその一つだ」と語った。

 試合は前半42分にPSGが昨季のリーグ得点王エディンソン・カヴァーニ(Edinson Cavani)のゴールで先制すると、後半35分にはハビエル・パストレ(Javier Pastore)が追加点を挙げた。

 エメリ監督は「素晴らしい雰囲気だったし、ファンが勝利を後押ししてくれた。彼らがシーズンを通して続けてくれることを願っているよ」と述べている。

「われわれは試合をコントロールし、ボールをキープして何度もチャンスを作った。さらに成熟すれば、もっとゴールを量産して勝利を収めることができたはずだ」
【翻訳編集】AFPBB News