この夏もう一足揃えるならコレ!おすすめスポサン6選

写真拡大 (全7枚)

サンダルの季節まっただ中ですね。今年も、スポーツサンダルをはじめ、グルカサンダルやスリッパタイプなど、各ブランドからさまざまなモデルが発売されています。すでに今年の一足を手に入れた人も多いでしょう。

今年、シューズボックスにもう一足サンダルを加えるとしたら? 今回は、そんな視点から定番モデルをハズしたオススメのスポーツサンダルを6つご紹介します。

■Chaco(チャコ)
 M’s MEGA Z CLASSIC(メンズ メガ ゼット クラシック)(1万260円)

本格的なアウトドアスポーツ向けフットウエアを作ることを目標にスタートしたChaco。そのサンダルの特徴は、高い耐久性と履き心地の良さ。同ブランドの旗艦モデル、Zシリーズの中でも今回紹介する「M’s MEGA Z CLASSIC」は、重量感を感じるモデル。軽ければ軽いほど楽だと考えがちですが、振り子の原理を利用していて、人が歩きやすいと感じる重さになっています。ウェビングを引いてワンタッチで履ける手軽さもポイントです。

■Teva(テバ)
Hurricane Volt(ハリケーン ボルト)(1万2960円)

世界で初めてスポーツサンダルを発明したといわれるTevaの定番モデルといえば「 Hurricane XLT」。そのストラップシステムと、ワイドなラストを踏襲して新たに誕生したのが「Hurricane Volt」です。特徴は、メッシュ素材で甲の部分をすっぽりと覆い隠すデザイン。フッドヘッドはスエードのように見えるポリウレタン素材で、色味も落ち着いているので秋口まで履けるデザイン。ソックスとも相性が良く、写真のネイビーカラーには、白やグレーのソックスが合いますよ。

■People footwear(ピープル フットウエア)
LENNON CHILLER(レノン チラー)(8424円)

ビーチサンダルのようなタイプのシャワーサンダルは、今季のトレンド。ハイブランドからもさまざまなモデルが発売されている中、Peopleはコスパが◎。ベルトはスポーツサンダルのようなテイストなので、カジュアルに履けます。バックストラップがないので、脱ぎ履きもスマート。少し抜け感が欲しいときに合わせると良いかもしれません。

■MALIBU SANDALS(マリブ サンダルズ)
Canyon Nylon Weave(キャニオン ナイロン ウィーブ)(2万520円)

メキシコの伝統的な履物 "ワラチ" からインスパイアされた「Canyon Nylon Weave」は、リゾート感漂うナイロン×ビーガンレザー素材のサンダル。スポーツサンダルとは合わせるのが難しいアロハシャツなどの柄シャツや、開襟シャツと相性が良いモデルです。ビーチ感覚のコーデに合いますが、ソールはしっかりしているので、ビーチサンダルとしても、そして機能的な街履き用スポーツサンダルとしても活躍します。

■KEEN(キーン)
NEW PORT H2(ニュー ポート エイチツー)(1万4040円)

今季大人気のモデル「UNEEK」に対して、「NEW PORT H2」はKEENの基幹モデル。定番であり、名品でもあるので、長く履ける一足です。ショーツとの相性が良く、主張しすぎないデザインで合わせやすいところもポイント。かかとをガードしているのでホールド感があり、シューズに近い感覚で履けるスポーツサンダルです。

■SHAKA(シャカ)
RALLY SLIDE(ラリー スライド)(7884円)

グルカサンダルのようなデザインで、今季らしいデザインが魅力のSHAKA「RALLY SLIDE」は、コーデをカジュアルに演出してくれます。SHAKAは南アフリカ共和国生まれのブランドで、90年代後半には日本でも人気を博していましたが、一度消滅。知る人ぞ知るブランドとなっていましたが、復刻。以前のデザインを踏襲しつつ、履きやすさを追求し、最新の機能を取り入れたモデルです。

(スタイリスト/宇田川雄一 写真/松山勇樹 文/&GP編集部)