Project i Canの田宮幸春氏

写真拡大 (全2枚)

 いま、国内最大級のVRアクティビティ施設が熱い。エヴァンゲリオンを操縦できたり、かめはめ波が撃てたりするというからさながら“VR遊園地”である。作家で五感生活研究所代表の山下柚実氏が「VR ZONE SHINJUKU」を訪れた。

 * * *
 VR=仮想現実を手軽に楽しむ時代が到来している。発売3年半で6040万台を売り上げた「プレイステーション4」(ソニー)は、VRゲームの基本システムと組み合わせて遊べる家庭用機だ。そして、いよいよVRブームは第二フェーズへ。家の「中」から「外」へ、街角へと増殖しつつある。

 7月14日、新宿歌舞伎町のど真ん中、巨大映画館の跡地にギャーッ、おおーっと悲鳴と絶叫が交錯した。コンセプトは「さあ、取り乱せ。」。いよいよ国内最大級のVR施設「VR ZONE SHINJUKU」が出現したのだ。バンダイナムコエンターテインメントが仕掛ける1100坪の空間に、16種類のアクティビティが詰まっている。

 最先端の仮想現実技術を駆使した仕掛けの中で、人はいったいどんな感覚に包まれるのか。どんな風に「取り乱」してしまうのだろう? 見たこともない架空世界の遊びには、如何なる演出や技術が駆使されているのだろうか? 

 いざ、新宿へ。

◆恐竜の住む森へ

  30度を超える夏の新宿。それなのにあたり一面は雪。白銀の世界が広がっている。吐く息が白く漂っていることに驚く。仮想現実の急斜面をスキーで一気に滑り降りるとお尻がムズムズ、ぞわぞわ。

 続けて恐竜の棲む森へ。背後から突然襲われるのではないか、とビクビク、ドキドキ。 人力飛行機に乗って山肌ギリギリを低空飛行したり、空中散歩したり架空の世界でやりたい放題。私が体を動かすと、それに連動して映像も動いていく。景色がめくるめく変わっていく。だからリアル。五感を刺激する仕掛けも生々しい。

「いかに臨場感、没入感を持続させるか試行錯誤を重ねてきました。白い息が漂う仕掛けはプレイヤーの呼吸をセンサーで逐次、察知して映像化しています」とプロジェクトチーム Project i Canのタミヤ室長こと田宮幸春氏(44)は言う。

「私たちが提供したいのは、既存のゲームでもアトラクションでもなくて、『VRアクティビティ』という新しいジャンル。市場を開拓する決意で取り組んでいます」

「VR ZONE SHINJUKU」の出発点は昨年4月に遡る。東京お台場に半年間の限定で開設した「VR ZONE SHINJUKU Project i Can」はまさに実験場だったとか。

「本当にVRで人を呼べるのか。お客様はどんな反応をしてくれるのか。手探りで検証していく研究現場でした」

 敢えてキャラクターを取り入れず、6種類のVRアクティビティ高所体験、ホラー、スキーの滑降といった疑似体感系を中心に展開したところ想像を超える反響が。

「期間中は連日予約枠が満杯で3万7000人が来場しました。やっぱりVRはインパクトがあるコンテンツだ、と確かな手応えを得ることができたんです」

 VR体験する前と後で客の熱量がまったく違うことが衝撃的だった、と田宮氏。その経験を元にして、新たな遊戯装置の開発へと向かった。

 成果が詰まったこの「VR ZONE SHINJUKU」では、どんな新機軸が?

「お台場では一人で体験するVRが主でしたが、二人、三人と複数で楽しめたらもっと面白いはず。また、キャラクターものを充実させることによって強くアピールできると考えました。そこで今回、エヴァを操縦できる『エヴァンゲリオンVR The 魂の座』や、かめはめ波が撃てる『ドラゴンボールVR 秘伝かめはめ波』等、複数で一緒に楽しめる新VRアクティビティを含めまして、16種類を用意しました」

◆ビジネスとして成立する

「時代が我々に追いついてきた、そんな実感があるんです」と田宮氏。いったいどういう意味なのだろう?

「私たちはゲームセンターむけの体感ゲーム機器を開発してきました。常にテーマとなってきたのは『どうしたら本物の体験やリアルな感覚に近づけるか』という点でした。例えば、馬にまたがって競馬をするゲーム、足元がスライドするスキーゲームのように体を動かしつつ映像と組み合わせて、よりリアルに、ワクワクさせる方法を追求し試行錯誤してきたのです。ただ、映像の再現が難しかったんです」

 人間の感覚の特徴を研究し、映像に包まれる没入感や身体を刺激することで臨場感を高める工夫に挑み続けてきた同社。そこへ、手軽な価格でハイスペックなゴーグルなど新たなVR機器が続々と登場してきたのだ。

「VRが出てきたことで映像の課題が解決でき、今やっと、蓄積してきたノウハウを生かしてやりたかったことが実現。時代が我々に追いついてくれた、と感じます」

 まさに「鬼に金棒」だ。しかし、それにしても今回の料金「4400円」は少々お高いのでは?

「たしかにゲーセンといえば 100円でワンゲームというイメージですよね。しかし私たちの狙いは、ゲームセンターのイメージを完全に脱すること。予約制で4400円という料金設定も、それに見合う高い品質と価値のある娯楽を提供する、という宣言です」

「ゲーム」とは呼ばずに「VRアクティビティ」と敢えて名付けた理由もそこにあったのだった。

 今やアミューズメント施設市場は少子化等の影響もあり停滞気味。そんな現状に新鮮な刺激を与え次の時代の可能性を拓こう、という意気込みだ。仮想の映像世界は、言ってみれば無限の広さを表現できる。「面積効率が非常に良い遊園地」と捉えることもできる。田宮氏の口調から、「VRはビジネスとして成立する」という揺るぎない自信がのぞく。

 新施設の集客目標は2年間で100万人、1日換算1500人と強気だ。いや、実は新宿だけではない。何とこの夏、ロンドンに海外一号店を出す、と聞いて驚いた。

「思わず体をよじってしまう、取り乱してしまうというのは万国共通。VRは言葉を超える遊びになるはずです。弊社は『VR ZONE』というフォーマットのもとに機器、ソフト、サービス等運営ノウハウを組みあわせて提供する新ビジネスを、国内外で展開していきます」

 ロンドンは、その第一歩にすぎない。   

 昨今のヒット商品ランキングを眺めていると、あることに気付く。モノの姿が減り、コトや体験の存在感がぐんと増している。欲しいモノすべてを手に入れてしまった消費者の欲望は今、これまで経験したことの無い「コト」へと向かっている。

 そうした消費新時代の最先端の姿を「VR ZONE SHINJUKU」は鋭く象徴している空間だった。

【PROFILE】やました・ゆみ 五感、身体と社会の関わりをテーマに取材、執筆。日経新聞で海外ドラマ評、ネットでメディア批評コラムも執筆中。7月に『なぜ「近大発のナマズ」はウナギより美味いのか』(光文社)を刊行。他に『広島大学は世界トップ100に入れるのか』(PHP新書)等著書多数。江戸川区景観審議会委員。

※SAPIO2017年9月号