(写真提供=SPORTS KOREA)「ミス・セクシーバック・コリア」

写真拡大

夏を迎えて、各地でさまざまなイベントが行われていると思う。最近は「ゆかた美人コンテスト」や「水着コンテスト」なども開かれていると聞くが、韓国でもそれは変わらない。

先月7月29日にも江原道のナクサンビーチで「ミス・ビキニコリア」なる大会が行われたという。

韓国最高のビキニ美人を決める大会で、上位入賞者は来年3月にメキシコで開催予定の「ミス・ツーリズム ユニバース」に出場できるということもあって、会場はかなりの盛り上がりだったようだ。

(参考記事:【写真大量】韓国最高の“ビキニ美女”を選抜する「ミス・ビキニコリア」の開演だ!!

最近は“マッスル美女”コンテストまで!!

それにしても改めて思うのは、韓国の“ミスコン”好きだ。

韓国を代表するミス・コンテストといえば、「ミス・コリア選抜大会」が日本でも有名だが、これ以外にも「ミス・ユニバース」「ミス・ワールド」「ミス・インターナショナル」「ミス・アース」といった世界の4大ミス・コンテストの韓国大会が毎年、必ず行われている。

近年は“マッスル美女”ブームもあって、大小さまざまなマッスル大会が開かれている。

「マッスル・マニア」「NABAA WFFコリアグランプリ」「WBFFコリア・チャンピオンシップ」など数えたらキリがないほとだ。

この夏も、地方都市などで大小さまざまなマッスル・コンテストが開かれており、6月には「2017 WORLD FITSTAR KOREA」というコンテストが開かれ、女子高生のハン・ジユンさんが史上最年少入賞を果たしたことで話題になった。

ハン・ジユンさんはガールズアイドルとして芸能活動をしていた時期もあり、日本のファンもいるらしく、彼女のインスタグラムには日本語での祝福メッセ―ジも寄せられているというのだから、韓国の美女コンテストの認知度の広さを感じずにはいらない。

女優や女子アナなど“有名人への登竜門”

では、韓国ではいつから美人コンテストが開かれてきたのか。

韓国初の美人コテンストは1949年に月刊誌『新太陽』が主催した“ミス大韓”だったといわれている。当時は応募者たちの写真を徳寿宮(トクスグン)に飾って、市民たちによる投票で行われた美人コンテストだったという。

それから1年後の1950年には「全国春香(チュニャン)選抜大会」なるものが開催された。

韓国の代表的な古典小説『春香伝』に登場する美女・春香を彷彿させる美女を探せという趣旨で始まった「全国春香選抜大会」は、1957年から始まる「ミス・コリア選抜大会」と双璧をなす“韓国美女コンテストの代名詞”として現在も行われている。

コ・ヒョンジョンなどミス・コリア出身芸能人たちが多いのに対し、「全国春香選抜大会」の受賞者たちは伝統的に、KBSやMBCなどテレビ局のアナウンサーなどに転身して人気を博すケースが多いのが特徴かもしれない。

近年、韓国で話題のスポーツ女子アナ“三大将”も、ミス春香出身だ。

こうした例でもわかる通り、韓国では美人コンテストが“有名人になるための登竜門”になっている。以前、韓国の知人もこんなことを語っていた。

「韓国には本当にたくさんのミス・コンテストがある。これほど多い国も世界では珍しいでしょう。ただ、それは裏返せば女性の地位がまだまだ低いから。

女性が社会的に成功したり、出世したりするために最も早い近道は、有名スターになることであって、そのためにはミス・コンテスト出場が最も手っ取り早い。その流れはこれからも避けられないのでは」

今だ根強い外見至上主義と女性たちの社会進出欲が絡み合って、美女コンテストが“雨後のタケノコ”のように乱立されているという主張だが、興味深いのはその外見の競い方が多様になっていることだ。

後ろ姿美人を競う「ミス・セクシーバックコンテスト」

象徴的なのが8月5日にソウルのKBSアリーナで行われた「ミス・セクシーバックコンテスト決勝大会」だろう。

今年で4回目を迎える同コンテストは文字通り、“後ろ姿美人”を競うコンテスト。

「健康な後ろ姿美人を探せ!!」というスローガンのもと、グラマラスで美しい脚線美と適度なボリュームと弾力があるヒップラインを持つ美女を公募してナンバーワンを決めようというものだ。

それもその競い合い方が独特でもある。黒いショートパンツにヘソ出しビキニ・スタイルでヒップラインを強調するところまではわかるが、顔には怪しい金のマスクをつけることが義務付けているのだ。

主催者側によると、「顔がわかると審査のピントがズレてしまう。あくまでも後ろ姿のセクシーさを競うコンテストであるがための処置」だという。

また、多くの美人コンテストには年齢制限などがあるが、「ミス・セクシーバックコンテスト」は年齢不問だ。

6月6日から韓国の各地で行われた地域大会には、モデルやフィットネストレーナーだけではなく、教師、塾講師、看護師、チアリーダー、主婦に大学生など、さまざまな職種の女性たちが参加したという。

ちなみに今年の「ミス・セクシーバックコンテスト」には、3000人近い応募があったという。

自薦他薦は問わない完全公募式で、年齢も身長・体重も既婚・独身の区分もなしに応募できる手軽さもあるのだろうが、その数の多さには驚かずにはいられない。

美女コンテストが行われるたびに「女性という性を商品化している」との指摘も上がるが、それでも参加者たちが絶えない現実が韓国にはあるわけだ。

日本では「美人は3日で飽きる」と言われるが、韓国は「美人はしかめっ面でも美しい」という格言があるお国柄。こういったところにも、韓国の美女コンテスト好きの理由があるのかもしれない。

(文=慎 武宏)