スウェーデンの空の玄関口アーランダ空港。この場所に変わり種の建築物が登場した。敷地内にあった古い管制塔が、モダンなヴィラに生まれ変わったのだ。

地上80メートルから
滑走路を望む

特筆すべきは、滑走路を望むパノラマビュー。地上80メートルの高さから、飛行機の発着陸を眺められる。飛行機好きにはたまらない景色だろう。

手がけたのは、スウェーデンのデザイナーCilla Ramnek。

インテリアは、60年代のテイストを感じさせるミッドセンチュリー調。モノトーンでまとめられた室内は、いかにも居心地がよさそう。これなら、ゆっくりとした休日を過ごすことができそうだ。

こちらのヴィラは、バケーションレンタルのHome Awayを通じて利用できるとのこと。まだ宿泊プランや料金は未定のようだが、完成キャンペーンの一環として宿泊者を募集している。一度泊まってみたいという人は今後の動きを要チェック。

空港で目覚める朝は、相当気持ちがいいんだろうなぁ。この光に溢れた部屋で目覚めれば、ブランニューな気持ちでフライトできることだろう。ストックホルムをベースに北欧を旅する際には、覚えておいて損はないはずだ。

©Joakim Johansson

Licensed material used with permission by Joakim Johansson