サンフランシスコ近代美術館が、なんとも便利でロマンチックな試みを開始した。

「Send Me SFMOMA」というこのプロジェクトは、SMSで「○○を送って」とテキストを送ると、収蔵品の中からそれに合ったアートをひとつだけ選んで見せてくれる新感覚サービス。キーワードや色、さらには絵文字にまで反応するそうで、その新鮮さが話題になっているのだ。

知識も時間も必要ナシ!
直感的にアートと出会う

使い方は極めてカンタン。美術館の電話番号にSMSを送ると、数秒で画像や年代、アーティスト名などが送られてくる。ちなみに、上でリクエストしたのは「sunshine」。

根っからのアート好きにはもちろん、「美術館に行きたいけれど、きっかけがない」とか「時間も知識もないけど、ちょっとアートに触れてみたい」って人にもかなり嬉しいツール。お気に入りの絵文字とか、色々試してみたいかも。

34,678個のアートから
たったひとつをピックアップ

研究によれば、美術館を訪れた人が1つの作品を見るのに費やす時間は平均7秒。それでどうして「鑑賞」したと言えるのでしょう?しかも、このミュージアムの全ての作品は34,678個。7秒ずつ見るとしたら、一睡もせず見て周り続けても3日近くかかかるのです。

と、運営元。

彼らだって、なにもこの膨大な美術作品を「全部見てほしい!」なんて願望はないわけで。しっかり味わって、自分だけの出会いを見つけてほしい。そんな思いでこのプロジェクトをスタートさせたのだそう。

もちろん一種類の送信内容でもたくさんの結果があるのだけど、送られてくるのはその中から選ばれたひとつだけ。これはもう「運命の出会い」といっても過言じゃない。

なんとなく愛着が湧いて、送られてきたものを見るために足を運ぶことがあるかもしれません。その時、その作品にとってあなたは「特別な存在」なのです。数多の作品の中でそれを楽しみに来た人は、ひょっとしたらあなた一人かもしれないのですから。

このサービス、現在はまだアメリカ限定とのことだけど、今後範囲を広げていくそうなのでこうご期待。日本の美術館でもやってくれたら、楽しみが増えそうだ。実際のサービス利用イメージは以下の動画で。

SFMOMAさん(@sfmoma)がシェアした投稿 -

Licensed material used with permission by SFMOMA