猫背解消ストレッチ

写真拡大 (全3枚)

猫背を治すのは、なかなか難しい。長い時間をかけて骨格も筋肉も、猫背の状態で形状記憶されている体になっているからだ。しかし子どもの場合、意外に早く治すことができるという。猫背を改善するストレッチについて、猫背矯正創始者で今まで2万人もの猫背を治療してきた小林篤史先生に聞いた。

●2種類のタイプ別ストレッチ

「猫背を治すには、大人も子どもも骨盤をしっかり整えることが必要です。骨盤という土台をしっかりして、やっと積み木のように重なっている身体をまっすぐ立つことができるのです。そのためには自分の骨盤をチェックして、前傾しているか後傾しているか、鏡でみてください。骨盤タイプ別にストレッチを毎日続けることによって、猫背が治っていきます」(小林氏 以下同)

まず骨盤前傾、骨盤後傾、どちらかを鏡を見ながらチェックしてみよう!

タイプか分かったら、10秒ストレッチをして猫背を治そう。

●【骨盤前傾タイプ】

・鏡で見るとお尻が出っ張っている

・太ももの前側の筋肉が硬い、もしくは前側の筋肉が盛り上がっている

・腰が反る

骨盤が前に倒れている人は、お尻が出っ張っています。

また「太ももの前側の筋肉が硬い」「腰が反る」「内股、もしくは内股気味」という特徴がある人が多いです。

◆「骨盤前傾」の人向けストレッチ

1.後ろに引き上げて10秒キープする

2.体重を前方にかけて10秒キープする

● 【骨盤後傾タイプ】

・鏡で見ると、お尻がないように見える

・太ももの裏側の筋肉が硬い

・腰が丸い

鏡で見た時に「お尻がない」という人は、骨盤後傾です。他に「膝が曲がって伸びきらない」「がに股、もしくはがに股気味」といった傾向もあります。

◆「骨盤後傾」の人向けストレッチ

1.膝の上に両手を重ねて圧をかけて10秒キープする

2.お尻をできるだけ持ち上げて10秒キープする

思った以上に簡単なこのストレッチを1日最低1度。もし時間があれば何度でもやってみてもいいが、大事なのは1回10秒かけてじっくり行うこと。治りが早い子どもなら2〜3カ月で治ると小林氏は断言する。大人も子どもも、これでぜひ猫背を直してみたい!

(取材・文/谷亜ヒロコ)