村上信五、ビートたけしの「おい、ジャニー、メリー」発言に「書いておいて!」

写真拡大

フジテレビ系列で9月に放送される『27時間テレビ にほんのれきし』の記者会見が行われ、総合司会のビートたけし、キャプテンの村上信五が出席。たけしがジャニーズトークで会場を盛り上げた。

31年目を迎え、大幅に刷新される今年の『27時間テレビ』。生放送から長編特別編成へと形を変え、「日本の歴史」をテーマに、バラエティ、ドラマ、情報、スポーツ、アニメとジャンルをまたいで制作される。

これまでにいくつかの企画の収録を終えた二人に、「お互いを歴史上の人物に例えるなら?」と質問が飛ぶと、村上は「えーー? ほぼほぼ歴史上の人物でしょ?」と答えに迷いながらも、「織田信長、徳川家康、明智光秀をミックスしたような見解を述べられる。知識量や疑ってかかる部分、でもおおらかな部分もあるし、偉人が合わさったような人物」と分析。

それを受けてたけしは「私は歴史に残りますよ、芸能界の!」と宣言すると「前科があって、フランスで勲章貰って映画で賞も取っている。10月には本を書いて芥川賞を取ってやる。伊集院静さんや北方謙三さんとかに手紙を出しているから(笑) あと文化勲章を取らなくちゃいけないな」と野望を次々に披露し、村上は「こんな根こそぎ持っていける方いないですよ」と感嘆の声を上げる。さらにたけしが「国民栄誉賞とかはくたばった後でもらってもしょうがない」と発言すると、「でも、前科がありますからね」とすかさずツッコミを入れ、「前科は……しょうがないな。恩赦かなんかしてくれないかな(笑)」と切望していた。

一方、村上を歴史上の人物に例えたら誰かと聞かれると、たけしは徳川家光をあげ、「徳川家康とかのあとを引き継ぐのは3代目くらいが一番つらい。でもビシッと江戸幕府の体制を作ってしまった」と語り、「ジャニーズ事務所の大看板になると思う。“おい、ジャニー、メリー”って呼び捨てすると思う」と大胆予想を披露。村上は「そんなの言いません!」と真っ向否定をしながらも「けど、今のところは書くだけ書いといてください(笑)」と取材陣にアピールしながら「ありがたいことです。それに応えられるように頑張ります」と決意を新たにしていた。