画像提供:マイナビニュース

写真拡大

俳優・小栗旬と、直木賞作家・金城一紀氏がタッグを組んだテレビ朝日系ドラマ『BORDER』が3年ぶりにスペシャルドラマとして復活する『BORDER2 贖罪』(年内放送)に、國村隼、満島真之介、中村ゆりかが出演することが6日、明らかになった。

國村が演じるのは、警視庁の監察管理官・久高喬。温厚で人望もあり、庁内では人格者として通っているが、実は鋭い観察眼を隠し持っている。小栗とは以前『獣医ドリトル』(2010年、TBS)で共演したが、「全然印象が違いましたよ(笑)」といい、「目線の芝居や意識の置きどころなど、的確な表現を打ち出してくれる」と、刺激を受けたことを語った。

満島が演じるのは、ある事件の重要な捜査対象となる原口知幸。「身を引き締め、この物語の一員になる覚悟を決めました」と意気込み、小栗については「あー、すごい! 背中の大きな、魅力的な方に出会えて幸せです。ありがとう、小栗さん」と心酔したようだ。

そして、中村が演じるのは、ある殺人事件の被害者・須藤真実。「生きていたときと同じような感情が微かにあることで、はかなさが少しでも出るように」という監督のアドバイスを頼りに演じたそうで、小栗には「何かの圧力をかけられ、壊れてしまいそうなオーラを感じました」と印象を述べている。