女子ダブルスはベスト4が決まる [南東北インターハイ]

写真拡大 (全5枚)

 第74回全国高等学校対抗テニス大会および第107回全国高等学校テニス選手権大会(南東北インターハイ・テニス競技/8月2〜4日団体戦、5〜8日個人戦/会津総合運動公園テニスコート、あいづドーム)の大会4日目、女子は個人戦ダブルスの1〜4回戦(準々決勝)が8ゲームズプロセット(8-8後はタイブレークを採用)で行われ、ベスト4が決まった。

◇   ◇   ◇

 4強に一番乗りしたのは笠原沙耶/川島和奏(松商学園)。1回戦から3回戦まで完勝し、4回戦は稲葉あす果/桐山陽菜(野田学園)と対戦。リードする展開から中盤に追いつかれるものの、終盤で勝負強さを見せつけ9-7で勝利。団体準優勝を勝ち取った実力を存分に発揮しての勝ち上がりだった。

(写真)松商学園の川島和奏/笠原沙耶

 昨年、下地奈緒とのダブルスで日本一に輝いた沖縄尚学の我那覇真子は前田優歩とペアを組み、今年も順調に準決勝に駒を進めた。3回戦では第1シードの清水里咲/矢田智都奈(東京学館浦安)を8-2で一蹴。続く鈴木沙也伽/山粼京花(浦和学院)戦も8-6で難敵を突破した。

 沖縄尚学から2年連続で優勝ペアが誕生していることから、前田は「3連覇のプレッシャーもあったので、とりあえず(ベスト4入りできて)ホッとしている」と語り、我那覇は「互いの力を出し切れば優勝できる。最後まで集中力を切らさずにいい形で終えられたら」と自身の連覇にも意欲を見せた。

(写真)沖縄尚学の我那覇真子/前田優歩

 広陵のエースで2年生の酒井凜と1年生の牧由貴菜がダブルスに出場し、本人たちも驚きの4強入りを決めた。後衛からのラリーでゲームを組み立てる牧とレフティーの酒井によるコンビネーションがピタリとはまり、3回戦は西田賀杏央/豊島舞(大商学園)を、4回戦では松田栞/松田岬(淑徳)を接戦の末に破ってみせた。

 牧は「まさか(ベスト4に)入れるとは思っていなかった」と驚きを隠さない。ただ、何も失うものはない。酒井は「ここまできたら優勝したい」と力強く語った。沖縄尚学の我那覇/前田と準決勝で対決する。

(写真)広陵の牧由貴菜/酒井凜

 団体戦で優勝を飾った四日市商の吉岡希紗/原田真実子も4強入り。吉岡のストローク力は個人戦に入っても威力十分で、ネット際で果敢に攻める原田のプレーも光った。前日の疲れを微塵も感じさせない、攻めの姿勢で堂々の準決勝進出を決めた。準決勝では、同じく団体決勝で優勝を争った松商学園の笠原/川島と対戦する。

(写真)四日市商の吉岡希紗/原田真実子

 大会5日目となる8月6日は、女子は個人戦シングルスの1〜4回戦が8ゲームズプロセット(8-8後はタイブレークを採用)で行われる。試合開始時間は9時の予定。

テニスマガジン/Tennis Magazine

※トップ写真は、4強入りを果たした牧由貴菜/酒井凜(広陵)

高校テニス特集(南東北インターハイ)|テニスデイリー