意外に知らない両想いの確率!相手の言葉や行動をチェックしてみよう!(photo by Dmitry Tsvetkov/Fotolia)

写真拡大

【恋愛コラム/モデルプレス】恋をしている人が願っている事といえばただひとつ、片思いから両想いになる事。しかし、人の気持ちとは目に見えるものではありません。相手の言葉や行動から、脈ありなのかどうかを推し量るしかないのです。そこで今回は、好きな人の言動から、両想いの確率がどれくらいかをチェックしてみましょう。

【他の記事を見る】「実はモテてる?」あなたの恋愛偏差値を見抜く10の質問

♥両想いになれる確率って低い気がするけど…


恋をするとどうしてもネガティブになってしまいがち。

「こんな自分の事、果たして相手は好きになってくれるのだろうか…」「両想いになる確率なんて、とても低いはず!なんでもドラマのように上手くいくわけなんてない!」と自暴自棄になってしまっていませんか?

確かに両想いになる確率って、とても低いものです。

ましてやこちらから何もアプローチもアピールもしないで、ただ相手が好きになってくれる事を心で念じているだけなら、その確率は奇跡に近いくらい低くなってしまいます。

両想いになりたい!と思ったら、それ相当の努力をする事は大切。

相手に振り向いてもらえるように、自分を高める努力をして、積極的にアプローチしていきましょう。

恋愛だって努力なくして結果は得られないのです。

一生懸命頑張って、頑張った末に両想いになれる、これこそが恋愛において究極の幸せであり、醍醐味だといえます。

とはいえ、努力する方向性を間違ったり、気持ちだけが空回りしたりしないようにする事も大切。

そのためにも相手の言動をしっかりとチェックして、相手は果たして自分の事をどう思っているのか、推測する事も時には必要なのです。

地球上に人類は約75億人います。

今、あなたが好きな人に出会った、その確率は75億分の1なのです。

こうして数字で表すと、出会えただけでも奇跡だと思いませんか?

せっかく芽生えた恋心、この気持ちを大切に育てていきましょう。

♥うぬぼれてよし?!両想いの確率がかなり高い言動


では、実際に相手のどのような言動が、両想いの確率が高いといえるのでしょうか。

まずは、相手があなたに恋人がいるのかどうか聞いてくる場合。

この質問を恋愛対象ではない相手に聞く事はありません。

あなたに恋人がいるのかどうかを確認しておきたい心理の表れです。

また、あなたが他の異性と仲良くしていると、あからさまに不機嫌になる場合も、両想いの確率は高いといえるでしょう。

「好きな人に、男友達とライブに行った話をしたら、急に口数が少なくなったので『どうしたの?』って聞いたら『他の男と遊んだ話なんて聞きたくない。嫉妬してしまうから』と言われちゃった」(23歳/大学院生)

好きな人は、あなたにどれくらいの頻度で連絡をしてきますか?

大した用事もないのに頻繁に連絡を入れてくる場合、両想いの確率はかなり高いかも。

連絡の回数が多ければ多いほど、相手はあなたと繋がっていたいと感じている証拠なのです。

「ずっと片思いしていた人からやたらLINEがくるなと思ったら、食事に誘われました。その席で『付き合って欲しい』って告白されちゃいました」(26歳/ショップ店員)

2人きりでの食事に誘ってきた、デートに誘ってきたりしたら両想いの確率はさらに高いものになります。

好意を持たない人と連絡を取りたい、会いたい、なんて思わないはずです。

♥脈ありかも!両想いの確率がそこそこ期待できる言動


次に、脈ありだと思ってもいい、そんな言動をご紹介しましょう。

まずは視線。

あなたは片思いの相手とよく目が合いますか?

どこからか視線を感じて振り向くと、好きな人がこちらを見ている、目が合うと慌ててそらす、そんな経験はありますか?

もし、心当たりがあれば、両想いの可能性はかなり高いと見ていいかもしれません。

「ずっと気になってた職場の彼とやたらと目が合うなと思ってたら、デートに誘われちゃいました!」(24歳/事務)

人間とは、意識せずとも好きな人の事を目で追ってしまうもの。

視線を感じる回数が多く、目が合う回数が多ければ多いだけ、脈ありの可能性が高いのです。

また、あなたの好きな人は、あなたのプライベートに関して色々質問してきますか?

昔の恋人の話から、休日の予定まで。

もし、相手があなたについて根掘り葉掘り聞いてきたのなら、あなたに好意を持っている証拠かもしれません。

少なくとも、あなたという人間に興味がある、という事は間違いないでしょう。

ただ、これは勘違いの可能性も多いにあるので、早合点は禁物です。

「片思いの相手が色々私の事を質問してくるから『もしかして私の事好きなの?』と冗談めかして聞いてみたら『まさか!ただ、面白い子だから興味が湧いただけだよ』と言われちゃいました…」(27歳/美容師)

このような悲しい例もあります。

焦らずじっくりチャンスをうかがいましょう。

♥ここからが勝負!今のところは両想いの確率が低い言動


残念ながら、まだまだ道のりは遠そうな言動もご紹介しておきましょう。

せっかくLINEやメールを送っても返信が遅い、もしくは返信がない、デートに誘っても何かと理由をつけてはぐらかされる、2人きりで話している時に、スマホを見て、会話が上の空…。

このような場合は残念ながら今の時点で相手はあなたを恋愛対象とは見ていない確率が高いでしょう。

「LINEをしても全然返事をくれない彼。『私はあなたの事が大好きなのに、なんでそんなに素っ気ないの?』と冗談交じりに言ってみたら『ごめん、いい友達でいよう』って。見事に玉砕しちゃいました」(25歳/会社員)

ただ、この言動に当てはまるからといって早々に諦めるのはNG。

まだまだ逆転のチャンスはあります。

「誰が見ても彼にとって私は恋愛対象外だったんだけど、ダイエットを頑張ったり、女性らしいメイクやファッションを研究したり、頑張って努力したんです。そしたら『最近、綺麗になったね』って言ってもらえて。最終的には彼の方から告白してくれました!」(24歳/歯科衛生士)

相手の趣味や好きな事をリサーチして共通の話題を見つけたり、自分磨きを頑張ったりするなど、まだまだチャンスはあるのです。

できる事を全てやってみる事も大切です。

相手の言動から両想いの確率がどれくらいかを見極める事によって、アプローチ方法は変わってきます。

まずは相手の気持ちがどれくらい自分に向いているかを確認する事、これこそが恋愛成就の第一歩なのです。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】