ハリル監督、代表メンバーの怪我人多発に危機感 「初来日してから最も難しい状況」

写真拡大

“多摩川クラシコ”を視察 「ここまで多くの怪我人を抱えたことはなかった」

 日本代表を率いるバヒド・ハリルホジッチ監督が、5日に行われたJ1第20節川崎フロンターレ対FC東京の一戦を現地で視察。

 8月31日に行われるロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選のオーストラリア戦を「この4年間で最も重要なゲーム」と位置づける一方、代表メンバーに怪我人が多い現状には「初来日してから最も難しい状況」と危機感を募らせている。

 同日午前に日本へ戻ったハリルホジッチ監督は、「多摩川クラシコ」視察のために等々力陸上競技場に足を運んだ。試合後に取材に応じた指揮官は、代表メンバーに負傷者が相次いでいることについて、危機感を露わにした。

「すべての情報が入っているが、かなり心配している。少し怪我人が多すぎる状況。また、香川や長谷部が練習に復帰している情報も入っているが、彼らが間に合うかどうかも心配している。私が初来日してから最も難しい状況が今かもしれない。ここまで多くの怪我人を抱えたことは今までなかったと思います」

豪州戦は「日本サッカーの将来が懸かっている」

 日本代表はW杯出場権の獲得に王手をかけている状況だが、「この4年間で最も重要なゲームが待っている。日本サッカー界の将来が懸かっている」と気を引き締める姿勢を示した。

「次のゲームに向けてしっかり準備するようにというメッセージは、海外組を中心にすでにEメールを送っている」と、休暇中にも選手たちとやりとりしいていたことも明かし、「日本サッカーにとって最も重要な試合が8月31日」と、改めてハリルジャパンの運命を左右する最大の山場であることを強調していた。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images