横浜DeNAが8月5日、対広島16回戦に4対7で敗れた。一時は逆転しながらも競り負けたアレックス・ラミレス監督(42)は「4回がターニングポイント」と、先発した井納が崩れ始めたフォアボールをポイントにあげた。インタビューの内容は以下の通り。

―連勝はならなかったですが、今日の試合は。

 1回、2回は打線が非常によかったが、井納が最初の3回まではよかったが、4回に最初のランナーを塁に出して、そこで点を失ってしまった、そこがターニングポイントだったと思います。

―明日はエスコバー選手が投げます。

 明日は明日なので、様子を見てみないとわからないですが、最初の先発なので期待しています。

(C)AbemaTV

▶DeNAの主催試合の放送はこちらから

▶DeNAの過去の名シーンはこちらから