広島の菊池涼介内野手(27)が、驚異的な守備範囲で広島の二遊間を狭めている。

 8月5日に行われた横浜DeNA対広島16回戦で、1回無死一塁から横浜DeNA柴田の打球は投手の足元を通過。そのまま抜ければ一塁走者桑原が三塁まで達する可能性もあったが、この打球を菊地がスライディングキャッチ。グラブトスでセカンドでのフォースアウトを狙い惜しくも間に合わなかったが、相変わらずの守備範囲の広さを見せつけた。AbemaTV(アベマTV)で解説していた野球解説者の前田幸長氏も「さすが菊地ですね」とたたえていた。

(C)AbemaTV

▶DeNAの主催試合の放送はこちらから

▶DeNAの過去の名シーンはこちらから