ポドルスキと柏FWが小競り合い 直後に激しいタックル、柏サポからブーイングも

写真拡大

前半5分に神戸が先制も、後半に3得点の柏が3-1逆転勝利

 元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキが日本初のアウェーマッチで激しい闘争本能を見せた。

 5日に行われたJ1リーグ第20節、柏レイソル対ヴィッセル神戸で、激しいスライディングを見舞うなど闘争心をむき出しにしたものの無得点に終わった。

 デビュー戦となった前節大宮アルディージャ戦で2得点を挙げ、決定力を遺憾なく発揮したポドルスキは、柏戦でもFW渡邉千真と2トップを組んだ。かつてクラブを率いたネルシーニョ監督を迎え撃つ柏は、日本代表GK中村航輔(22歳)、そしてDF中山雄太(20歳)と中谷進之介(21歳)の“3N”を中心としたポルディ封殺が勝ち点3獲得へのマストミッションとなった。

 まず試合を動かしたのは神戸だった。前半5分、ポドルスキの突破を起点に左CKを奪うと、ショートコーナーからの相手クリアが小さくなったところをMF三原雅俊が低弾道のシュートで突き刺し、1-0と先制した。カウンターに冴えを見競る神戸は12分に渡邉のアーリークロスにポドルスキが躊躇せず左足ボレーシュートを放った。

 その後、同30分にはポドルスキが中谷に顔をはたかれたとアピールし、中谷にイエローカードが提示される。これを不服としたFWディエゴ・オリベイラがポドルスキと小競り合いを起こす場面があった。試合は後半に入って5分、右サイド裏へ抜け出たクリスティアーノがGKとの1対1を迎え、横パスを送ってディエゴ・オリベイラが無人のゴールに流し込み1-1の同点となる。

ポドルスキのタックルで相手悶絶

その直後にはクリスティアーノの突破を、ポドルスキが足ごと刈るようなスライディングタックルを浴びせると、クリスティアーノが悶絶。大ブーイングを浴びせる柏サポーターに対してポドルスキは手で煽るようなしぐさを見せ、試合はさらにヒートアップした。

同21分には球際の争いの中でMF田中英雄がMF手塚康平を蹴り飛ばしたとして一発レッドの判定が下り、神戸は残り時間を10人で戦うことになった。数的優位になった柏は同27分にクリスティアーノ、その3分後には中山が鮮やかなミドルシュートを連発で叩き込んで一気に引き離し、3-1で勝利した。結果的にポドルスキの存在によって闘志に火が付いた柏が勝ち点3を確保する形となった。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images